オルタナティブ・ブログ > マーケターの失敗録(T_T) >

失敗を大事にしているブログです。マーケティングは科学って呼ばれているので、検証を繰り返しながら考えたほうが結果的にうまくいったという出来事を書いていきます。大企業でも、スタートアップ企業でも、売る仕組みを作るには、まず動いてみるしかない。

ロンドンオリンピックまであと1年。

»

W杯優勝、まさかこんな日が来るなんて、ほんとうにおめでとうございます!なでしこジャパン。

この優勝で1兆円超の経済効果を生むとも試算されてると聞きます。開催まで1年を切った、2012年夏季ロンドンオリンピックでの期待も高まるもんです。

 

olympic card.jpg

 

先週、アジア・オリンピック評議会 (OCA) 総会へ参加する機会がありました。このような総会はいまいち目的の理解が難しいのですが、次のロンドン成功を皆で認識し合った、というのは理解できました。

この一大イベントオリンピックに合わせ、マーケターも忙しくなってきます。

日頃の活動で取り込めない層や、企業評価を向上させる良い機会だからです。日本というローカルでも、この世界の勢いにどう乗るか?を考える必要があります。

 

IMGP5674.JPG写真は2010年冬季バンクーバーオリンピックの際の観戦チケットに記載されている世界の "TOP Partners" です。

ワタシが勤める会社も国際オリンピック (IOC) と契約する世界の特権をもった "TOP Partners" の一員です。契約期間は基本2009年1月~2012年12月まで。

私の遠い上司CMOは 『広告には投資しない』 と公で宣言しておきながら、ちゃっかりスポーツ系には、積極的に投資するスタイルをとっています。

 

IMGP6019.jpgカナダはバンクーバー東部に位置する Technology Operations Center という施設を訪問したときの写真です。

この部屋で行われているのは、オリンピックで使われるITシステムの監視とメンテナンスです。

24時間交代制で "TOP Partners" であるAtos Origin、OMEGA、Acerなどのエンジニアがシステムのお守りをしています。

 

IMGP5911.jpg

 

IMGP5817.jpg

 

競技結果を正確に算出するシステムやデータ入力システム、競技結果を電光掲示板に出力するシステムなど。要約すると、AtosのシステムがAcerのPCで動作して、OMEGAで表示しています。どれもオリンピック専用に作られています (※ この辺の情報はほとんどの人が知らないと思います)

だから "TOP Partners" が取り扱う製品・サービスは、世界トップクラスである必要があります。命をかけて望むものに間違いがあってはいけません。

この価値観が "TOP Partners" にとっての魅力です。又、基本 "TOP Partners" は1業種1社です。ですので、自然と競合排除の側面も持つことになります。

2012年夏季ロンドンオリンピックまで、いよいよあと1年です。オリンピックの価値を共に上げ、応援する国の選手と共にメダルを目指せれば理想です。

なでしこジャパンの優勝でこのまま勢いに乗り、日本でもより多くの皆様に応援いただけるよう、ワタシたちも頑張ります。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する