オルタナティブ・ブログ > マーケターの失敗録(T_T) >

失敗を大事にしているブログです。マーケティングは科学って呼ばれているので、検証を繰り返しながら考えたほうが結果的にうまくいったという出来事を書いていきます。大企業でも、スタートアップ企業でも、売る仕組みを作るには、まず動いてみるしかない。

どう活用する? "LinkedIn"

»

mixiで友人とゆるい会話を楽しむ、facebookで外国人とコミュニケーションを楽しむ、そしてLinkedInで社内 (+元同僚) の動向を見て楽しむ、といった感じにワタシはソーシャルネットワークの場を活用してます。

今日は 『LinkedInはこんな感じで活用したらどうでしょう?』 という実例です。

ワタシはいつものようにLinkedInで社内のグローバル社員とつながろうと、誰か面白そうな人いないか探していたところ・・・

"CRM Operations & Social Media Specialist"

というタイトルに目が止まってしまいました。

ん?こんな部署が社内に存在するなんて聞いてないぞ! "CRM Operations" までは別に普通だけど、 "Social Media Specialist" って、一体どんな人がやってるんだろう?喋りたい!

と思い、早速その彼女とつながりました。

その後、彼女と数回LinkedIn上でコミュニケーションを行いました。翌日からは、社内のEメールアカウントから普通に連絡を取り合っていました。そして、日本に役に立つ情報は無いかと会話をすすめるうちに、いつの間にかfacebookの話題で盛り上がっていました。結局、旬な話題はfacebookなんですね。

ワタシが努める会社は、イタリアにマーケティング本部があります。彼女曰く、北米エリアへ効率良くアクセスできるソーシャルネットワークのひとつとして、facebookを活用しているのだとか。

たしかに、世界で約6億人とつながれるプラットフォーム (場) であるfacebookは、日本でも今後成長する期待感はあります。

特に多くの日本企業がグローバルへ効率的にアプローチする方法を探している今、facebookは無料でてっとりばやくはじめれるソーシャルネットワークです。しかしその反面、外資系企業が日本で展開する場合には、投資効果がハッキリと分からないのも事実です。もちろん潜在能力はヒシヒシと感じるんですけどね。

・・・と、なんだか気づくとついfacebookの話になってしまいましたが、とりあえずLinkedInの話に戻しますね。

ビジネスに特化したソーシャルネットワークのLinkedInは、社内人脈を拡大することにも優れていると思いました。

LinkedInは名刺代わりに社外向けに能力を発揮します。そしてもうひとつ、グローバル展開している企業の場合、社内向けにも有効です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する