オルタナティブ・ブログ > マーケターの失敗録(T_T) >

失敗を大事にしているブログです。マーケティングは科学って呼ばれているので、検証を繰り返しながら考えたほうが結果的にうまくいったという出来事を書いていきます。大企業でも、スタートアップ企業でも、売る仕組みを作るには、まず動いてみるしかない。

7つの習慣。7つもいらないんじゃない?

»

なんでもスティーブン・R・コヴィーが日本にくるようで、今ならあの名著7つの習慣を無料でダウンロードできるプロモやってます。詳細はココ

ワタシが本書と出会ったのは、先輩に薦められて2003年ごろに購入したときでした。7つの習慣を日々実践すれば、誰でも意義ある人生になって幸せになれるとか!?ナンダソレ!ウサンクサイと思いながらも渋々購入したのを覚えています。

結果・・・今ではワタシの支柱です。もう、7回くらいは読み返したでしょうか。でも、結局大事なのは "何が一番好きなのか?" に尽きます。ん?7つの習慣があるんじゃなかったの?と思われるでしょう。正直に言うと、別に7つ全部覚える必要なんてないと思うんです。重要な部分は、何が一番好きなのか?です。

7つの習慣は、意義ある人生をおくる為の(あくまで)枠組みです。ですので、自分の正しい感情がその枠組み上にないと、なんの意味もありません。あ~でもない、こ~でもない。おっ、なんか分かってきたぞ!。ん?やっぱりわからんくなったわ・・・。を繰り返しながら、自分の感情に従い信念を作っていくことが大事です。

信念とは、正しいと信じる自分の断固たる考えのことです。でもだからと言って、一度決めたらそれを断固たる決意で貫き通す必要はありません。ドンドン変ってもいいと思います。

社内でトップセールスになる!いや、待てよ。全部把握したいから、やっぱり社長になる!・・・いやいや、自分の考えたとおりの世の中になったら面白そうだからマーケターになる!って感じに信念を変えてもいいと思います。もし目標を立ててもうまくいかないときは、それに思い入れがないからです。そんなのはさっさとリストから外してしまいましょう!

自分の正しいと信じるやりたいことが沢山あるときはどうしますか?そんなときは、7つの習慣で印象に残っているこの問いです。もしあなたに1日25時間あるとすれば、+になった1時間を何に使いますか?

ある人は睡眠、ある人は英語の勉強、またある人は友人・家族との関係構築と答えるかと思います。当然思いは人それぞれですが、出てきたそのやりたいこと、実はそれがあなたが今一番やりたいことかもしれません。7つの習慣は、やりたいことが山ほどあって、どれから取り組んでいいのか分からなくなった場合に、いま一番やりたいことは何? を気づかせるコツを教えてくれました。

一番やりたいこと(好きなこと)が決まったら、一気にその目的地までたどり着きたいと思うはずです。でも、焦ってはいけません。7つの習慣は、好きな女の子をゲットできるまでに10の順序があるように、目標達成までにも順序があることを教えてくれました。挨拶もまともにできないのに、明日から英語での交渉を任されてもできるわけがありません。順序を大幅に飛び越して目的地までたどり着けるのは、ごく一部の人たちです。天才でもないかぎり、そんなウルトラCは期待しないほうが無難です。

最後に一番重要な習慣です。それは刃を研ぐこと。7つの習慣は、使わないと衰えてしまう筋肉のように、毎日自分の信念に従い、刃を研ぐ必要性を教えてくれました。英語ができる人が毎日英語を勉強するように。素晴らしいボディラインをもつ人が毎日エクササイズをするように。一見他人から見ると、別にそこまでする必要はないのに~と思うかもしれません。でも、彼らはそれを毎日実行することが刃を研ぐこととわかっているからやっているのです。

ワタシが7つの習慣から受け取った主メッセージはこれです。(優先順位を判断して)一番好きなことを見つける。(刃を研ぐ行為を)毎日実行する。別に、絶対7つ覚えないといけないわけではありません。

Comment(2)

コメント

Toshiya Mochida

最も大事なことは、「自分の意思をもって、考えること」だと思っています。賢人の話、成功した企業の実例など、いずれも大事ですが、結局は、自分がどう考えて、どう手を動かすか、にかかっていると思います。
習慣は7つも必要なく、そして、意識していないけれども自分の力を支えている習慣が、7つどころか、たくさんあるはずです。
どの習慣、どの力を自分が引き出せるか、引き出すチャンスがあるか、それが、人生を左右すると思います。

瀬戸 和信

自分を支えている習慣とは、7つどころかたくさんある。自分の意思で考え、実際に行動する習慣。いただいたコメントをできるだけ深く理解するために、ワタシもできるだけ多くの実体験をしたいと思います。ありがとうございます。

コメントを投稿する