オルタナティブ・ブログ > マーケターの失敗録(T_T) >

失敗を大事にしているブログです。マーケティングは科学って呼ばれているので、検証を繰り返しながら考えたほうが結果的にうまくいったという出来事を書いていきます。大企業でも、スタートアップ企業でも、売る仕組みを作るには、まず動いてみるしかない。

もう世の中タッチだらけ!

»

もし、ワタシがケータイ、パソコン、iPadの3つのデジタル機器をもっているとして、

そのどれか1つを没収すると、モバイルの神様がワタシに命令したならば、

ワタシは間違いなく、iPadを差し出すと思います。

 

先週、社内でiPadを購入した人に、iPadを1時間くらい触らしてもらいました。

もちろん、真剣に購入を検討するためにです。

ですので、自分のどのシーンで役に立つのかを想像しながら触っていました。

同時に2つのウィンドウを開いたり、Eメールを見ながらニュースサイトを見たりと、

複数のことを同時に行う行為を強制的にできない設計にすることで、

とてもシンプルに仕上がっていることに感激しました!

でも、思い切ってハッキリとワタシの意見を言いますと・・・

 

iPadは、日常生活にまったく必要ありません。

ただ、もしお金に余裕があるならば高価なおもちゃとしてほしいとも思いました。

例えば、ソファに寝転びながらパソコンを開くにはやや無理があります。

別にケータイでもいいのですが、欲を言えば少し小さい気がします。

つまり、ケータイは小さすぎ、パソコンは大きすぎなのです。

ケータイとパソコンのいいどこ取りをしたのが、iPadなのでしょう。

 

今ワタシは、このブログをノートパソコンを使って書いています。

とても、iPadで書く気にはなれません。

でも、ソファに寝転びながら心地よい姿勢で友達にEメールを返信する程度なら、

iPadは最高に高級なおもちゃです。

 

ちなみに、先日台湾で開かれたComputex でも、

ほとんどが、iPadと似たようなタッチタイプのネット端末ばかりでした。

近い将来、世の中タッチだらけになるような雰囲気も出していました。

 

但し、iPadはあくまで子機。サブモバイル。

用途の広いパソコンは親機。メインモバイルといったイメージでしょうか。

なぜなら、iPadにできて、パソコンでできないことはないからです。

 

Comment(7)