オルタナティブ・ブログ > 教育ICT研究室 >

グローバル化する中で日本人はどのようにサバイバルすればよいのか。子ども×ICT教育×発達心理をキーワードに考えます。

LINEに熱中する子どもたちのルポ

»

PickUP 小学生までソーシャルの虜(とりこ)に、昼夜問わず没頭し“禁断症状”も

▼小学生までソーシャルの虜(とりこ)に、昼夜問わず没頭し“禁断症状”も http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140304/541167/

「SNSの利用年齢は今や、小学校中学年まで下がっている」という状況を、ITジャーナリストの高橋暁子さんが記事にまとめられました。例として、LINEを利用したい小4女子の事例(設定は一部変えているとのこと)が非常に印象深かったです。

そんなある日、A子は「WALKMANが壊れてしまったから新しい機種がほしい」と訴えた。スマートフォンの購入にはダメ出しをしていた母親が、それならと買い与えたところ、あっという間にWALKMANにLINEをインストールして使い始めてしまったという。「まさか音楽を聴く機械でLINEが使えるなんて思ってもいなかったんです…」と母親は困惑していた。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140304/541167/ より引用

筆者の子どもの時はもちろんスマートフォンなどはなく、WALKMANは音楽を聞くだけの機器でした。なぜLINEができるのか?、と驚きを隠せません。

臨場感あふれる高音質を、耳もとへ ウォークマン®Fシリーズ」の欄に、

ゲームやアプリなどウォークマン®の楽しみをさらに広げる

FシリーズにはAndroid™を搭載。(中略)Google Play™ストアから豊富なアプリケーションをダウンロードできます。
https://www.sony.jp/walkman/lineup/f_series/ より引用

と記載されていました。Androidが搭載されGoogle Play™ストアからアプリをダウンロードできるのですから、通話が可能かどうか以外では、スマートフォンと変わりがありませんでした。

保護者は子どもの言うままになるんではなく、事前に機器の情報を調べてから購入しないと、上記の事例のようなことが起こりうるのだな、と考えさせられました。

関連アプリ

LINE 4.6.1(無料)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
販売元: LINE Corporation - LINE Corporation(サイズ: 34.5 MB)
全てのバージョンの評価: (114,579件の評価)

編集履歴:2014.3.29 23:33 記事の前半部分をhttp://blog.edudesign4.me/2014/03/Edication20140317.htmlに移動させました。題名を「【Edication】教育分野のニュース (2014.3.1〜2014.3.14)」から「LINEに熱中する子どもたちのルポ」に改めました。

Comment(0)