オルタナティブ・ブログ > モノを買わなくなった時代、ほな何やったら買うてもええねやろ? >

大量消費をボイコットしはじめた生活者視点からのインサイトメモ

「嫌韓」という言葉そのものに嘘がある。(民族差別意識を糊塗する欺瞞を憂う)

»

ただ単に韓国が「嫌い」なのではなく、実際には民族差別的「蔑み」が心の奥底にあるのであって、差別意識を「嫌韓」と言い換えて罪悪感を糊塗する欺瞞が、そこに存在する。

国籍・人種等の出自をプライドの拠り所にすること、他人を見下すことで自尊心を維持しようとすること、そうした最も恥ずべき行為を自覚できないとすれば、我々日本人の社会全体として、恥知らずとの謗りは免れない。

他でもない自分たちの子孫から、将来嗤われるだろう。ご先祖様も嘆くだろう。

japan.JPG

Comment(0)