オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚でわかるシステムのワークロードとライフタイム

»

AG4.png

ウォーターフォール開発では、少人数で仕様を確定した後に、プログラマーを大規模に投入してシステムを開発します。その後は、テスト・フェーズに入って人数は減少し、テストが完了すれば、開発要員は不要となります。

開発が完了した時点で、システムの完成度は最も高く、その後は、徐々に陳腐化してライフ・タイムを全うすることになります。その陳腐化を遅らせるためにユーザーの変更要求に対処し、本番移行後に見つかった不具合を修正するための保守要員を一定数確保しておかなくてはなりません。そのために、ワークロードはシステムのライフタイムに対して、大きな谷と山(ピーク)を作ることになります。

日本の労働法規や慣例では、一度採用した社員は容易に解雇することはできませんから、米国のようにピークに合わせて社員を採用し、終われば解雇することはできません。そこで、一般のユーザー企業は、谷に合わせて必要最小限の社員を情報システム部員として確保し、ワークロードの変動部分をSI事業者に外注するというやり方で、これに対処してきました。

一方、アジャイル開発では、ユーザーに出来るだけ早く価値を提供するために、必要かつビジネスの成果に貢献できる最低限のプロセスをITサービスとしてリリースします。この時点での完成度は低い段階にありますが、リリース後も徐々に機能を拡張しつつ、ユーザーの要請に応えながら継続的に完成度を高めてゆきます。そのため、ワークロードは継続的に増えてゆきます。

オンライン・サービスをお客様に提供する場合や、デジタル・トランスフォーメーションの実現には、このようなやり方が適しているため、アジャイル開発を採用する企業は、今後増えてゆくものと考えられます。

ウオーターフォール開発のように、決められた仕様通りにシステムを開発するのではなく、ユーザーのニーズに俊敏に対応する、あるいは、ユーザーと一緒になって新しいビジネス・モデルを生みだすなど、ユーザーと開発者との関係も大きく変わります。そうなると、外注に全て任せることは現実的ではなくなり、内製化の範囲が拡大してゆくと考えられます。

SI事業者は、これまでの外注業務を受託することから、内製化需要に応え支援する業務へと、業務の範囲を拡げてゆく必要に迫られることになるでしょう。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

【8月度のコンテンツを更新しました】
・量子コンピュータのプレゼンテーションに新しい資料を加えました。
・講演資料を2つ追加しました。
・動画セミナーを1編追加いたしました。
=======
総集編

【改訂】総集編 2019年8月版・最新の資料を反映しました。
総集編
【改訂】新入社員のための最新ITトレンド研修・2019年8月版
【改訂】これからのビジネス戦略
ITソリューション塾・最新教材ライブラリー/ITソリューション塾・第31期
【改訂】IoT
【改訂】AI
【改訂】これからの開発と運用
【改訂】これからのビジネス戦略
ビジネス戦略編
【改訂】デジタルとフィジカル(1) p.3
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションとCPS  p.7
【新規】デジタル・トランスフォーメーションとは何か(1) p.8
【新規】デジタル・トランスフォーメーションとは何か(3) p.10
【新規】デジタル・トランスフォーメーションとは何か(4) p.11
【新規】デジタル・トランスフォーメーションとは何か(5) p.12
【新規】DXを支える4つの手法と考え方 p.64
【新規】「手段」と「目的」をはき違えるな! p.87
【改訂】事業戦略を考える p.88
【新規】共創ビジネスの実践 p.146
【新規】DXと共創の関係 p.147
【新規】イノベーションの本質 p.154
サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
*変更はありません
サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
*変更はありません
ITインフラとプラットフォーム編
*変更はありません
クラウド・コンピューティング編
【新規】クラウド・ネイティブとは p.106
サービス&アプリケーション・基本編
*変更はありません
開発と運用編
【新規】システム化の対象範囲 p.4
【新規】ITの役割分担 p.5
【新規】ワークロードとライフタイム p.6
【新規】人間の役割のシフト p.7
【新規】超高速開発ツール p.86
ITの歴史と最新のトレンド編
*変更はありません
テクノロジー・トピックス編
【新規】メモリードリブン・コンピュータ p.56-59
量子コンピュータ
【新規】物理学とコンピュータ p.3
【新規】量子コンピュータの分類 p.4
【改訂】量子コンピュータの限界と可能性 p.6
講演資料:
【大学生・講義】テクノロジーな未来は私たちを幸せにしてくれるのだろうか?
【SIer向イベント】Sierはもういらない! DX時代にそう言われないために

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する