オルタナティブ・ブログ > アー・ユー・エクスペリエンスト? >

人生と仕事に必要な様々なことについて考えるブログ

SNSブームに陰り!?ユーザーはコミュニティよりもブログ

»

昨日(2月19日)発表されたビデオリサーチインタラクティブの調査によれば、SNSの視聴率が減少傾向にあるという。調査によれば、SNSの年間訪問者数は1104万人で、ブログの年間訪問者数は2687万人とのこと。また、SNSとブログを併用しているユーザーは1057万人。つまり、CGMとしての年間訪問者数は2734万人規模になるという。

さて、肝心のSNSはというと、2006年12月時点のSNSの月間ユニーク推定訪問者数は469万人。2006年1月時点の月間ユニーク推定訪問者数が241万人だったことから、訪問者数に関していえばほぼ倍増したことになる。ここまではいい。

ところが、これが視聴率になると話は変わってくる。SNS訪問者1人あたりの月間平均視聴ページ数は、2006年7月の522.6ページをピークに減少。2006年12月は、約391ページにとどまったという。SNSの月間平均滞在時間も、2006年6月の3時間13分17秒をピークとすると、2006年12月には約2時間34分にまで落ち込んでいるというのだ。

一方、ブログの方は2006年1月時点の1445万人と比べると、2006年12月時点で1592万人と、月間のユニーク推定訪問者数だけみれば微増。しかし、視聴率は2006年12月時点でも訪問者1人あたりの月間平均視聴ページ数は約93.9ページ、月間平均滞在時間は約 55分と、落ち込みもなく安定して推移しているという結果が出ている。

このままSNSは衰退の一途をたどるのか。。。いや、そう結論づけるのは、ちょっと短絡的過ぎるような気がする。この数字だけを取り上げて、SNSベンダーやSNS運営者がことさら悲観的にとらえる必要はない。むしろ、ブームとも言える異常なSNS現象が落ち着いて、やっと本来の姿を取り戻したと見るべきだ。

SNSを運営してみるとわかるが、ユーザの多くは、コミュニティよりもブログを利用する傾向にある。コミュニティに発言するだけのユーザはたまにいるものの、自らコミュニティを立ち上げるというユーザは本当に珍しい。

faamの場合、楽曲や動画を投稿する作業場所をコミュニティにしていることから、自分の演奏を聴いてほしいと考えているアーティストは自らコミュニティを立ち上げることになる。ところが、一般のファンが自らコミュニティを立ち上げるという例はとても少ない。

この現象はミクシィでも証明済みで、コミュニテイを立上げていろいろ発言を繰り返しても、コメントをしてくれるユーザーは本当に少ない。テーマが面白くないと言われてしまえばそれまでだが、他のユーザーからも同じような話を良く聞く。

これが日記になると、反応が断然良くなる。リアルでは会ったことがないユーザーなのに、頻繁にコメントしてくれるから不思議だ。

この差はどこにあるのだろう。実は、この差はコミュニティとブログの性質の違いによるところが大きいのではないかと考えている。ブログは、他人に邪魔されることなく自由に発言できる。あくまでも主導権は自分にある。ところが、コミュニテイはそうはいかない。

コミュニティには、基本的には管理人なるものがいて、参加しているユーザーは何となくその管理人の監視の目に晒されているような印象を持ってしまう。遠慮なく自由に発言してと促されても、簡単に「はい、わかりました」とはいかない。主導権が自分にない分、参加することに勇気が必要になってくる。

それほど高度な情報を求めていないようなユーザーにとって、管理人という存在がいて、発言が規制されているような印象を受けてしまうコミュニティは、自由に好きなことが発言できるブログより、どうしても敷居が高いと思われてしまっているのでは?

そんなユーザー心理を反映してか、最近は高機能なブログを用意しているSNSが当たり前になっている。それが本来のSNSのあり方として正しいかどうかはさておき、ブログがSNSの重要なコンテンツの一つになっていることだけは間違いない。

数字に惑わされることなく、運営者はSNSを使ってユーザにどんな付加価値を提供したいのか、もう一度よく考えてみるべきだ。

※ ビデオリサーチインタラクティブの調査レポート
   http://www.videoi.co.jp/release/20070219.html


Comment(4)

コメント

確かに、mixiのコミュニティでの発言は、
非公開なコミュでも無い限り、
あんまり盛り上がらない気がしますね。

イベント系はまだしも、
雑談だと結構レスポンスが無い感じです。

100人ぐらいの人が参加しているコミュでも、なにも会話が展開していないこともざらですしね。

多くの人がいると「誰かが書くだろ・・・」
と思い、質問とかをスルーする人が増えてしまうとかでしょうか。

お世話になります。
SNSにしろ、ブログにしろ、最近始まったばかりだから、結論を出すのは早計すぎるのはわかります。

ただ、自分の「尺度」は持っていた方が良い。伊藤さんの「尺度」と、自分の「尺度」を分析して、方向性を見出す作業は楽しい。

私の尺度は
SNS=有料
ブログ=無料
という尺度を常に持ち合わせています。

それは、「参加費」というものではなく、価値=情報そのものにも通じる見方をしています。
有益な情報を得たい場合は、SNS的なコミュニティを形成し、その中から取捨選択する方法を取っています。

更に、
SNS=時間を取る
ブログ=時間をとらない
という尺度もあります。

SNSのような有益な時間は、有限である時間の有効活用にとても良いと思っています。

まだ、尺度が「不安定」なので、矛盾する事が多いですが、試行錯誤しながら、自分の尺度を持ちたいと思っています。

伊藤靖

クドウ様>

コメント有難うございます。非公開にして仲間内だけで盛り上がるというのであればSNSの意味がなくなってしまうような気もします。様子をうかがっているということもあるでしょうし、そのコミュニティの空気を読むのに時間が必要だというのも影響しているように感じます。

伊藤靖

角田様>
いつもコメント有難うございます。尺度、確かにありますね。実は私も最近、SNS=有料ってありだなと思い始めています。SNS=仲間は欲しいけど深入りはしたくない、っていうのはどうでしょう。目先の数字だけに一喜一憂しないことが重要だということは間違いがないようです。

コメントを投稿する