オルタナティブ・ブログ > アー・ユー・エクスペリエンスト? >

人生と仕事に必要な様々なことについて考えるブログ

音楽配信が普及してもCDはなくならない!?

»

音楽業界関係者の間で良く読まれている「Musicman」という雑誌がある。よくある音楽系の雑誌のように、ただ単にCDのランキングやアーティストの横顔を紹介するのではなく、音楽業界で働くために必要な情報がギッシリ詰まっているということで評判が高い、音楽業界関係者なら誰でも知っている業界誌の一つだ。

その「Musicman」のウェブ・サイトMusicman-NETで、ちょっと興味深い調査レポートを見つけた。タイトルは、「音楽の聞き方アンケート06'」。このアンケートは、2006年12月4日~2007年1月8日にかけて、音楽業界人と音楽業界を目指す人間を対象に、音楽の聞き方について実施されたものだ。

僕がこのアンケート結果を見て面白いなと思ったのは、こと音楽の聞き方に関して言えば、CDが意外なほど健闘しているということがわかったから。

用意されている質問は全部で7問。①音楽の手に入れ方、②音楽の楽しみ方、③今後、増えていくと思う行動、④一番よく利用する有料の音楽配信サービスは?、⑤今年、携帯デジタルプレーヤー購入しましたか?、⑥今後、携帯デジタルプレーヤーを購入しますか?、⑦現在の音楽業界に足りないもの、必要なもの、望むこと (フリー回答)となっている。

この中で、僕が「あれっ?」と思った回答結果がある。それは、「音楽の手に入れ方」。「CDを買う」と答えたユーザーが、何と64.3%もいる。「レンタルする」と答えたユーザーの17%を含めると、約80%のユーザーが、音楽を手に入れる手段をいまだにCDに頼っていることになる。その反面、「有料ダウンロード」にいたってはわずか4.7%(無料ダウンロードは5.1%)。

この結果、僕にはちょっと予想外だった。もっと「有料ダウンロード」を利用しているユーザーが多いのかと思っていたから。少なくても二桁台を予想していただけに、意外なCDの健闘振りを目の当たりにして驚いている。

ただ、「今後、増えていくと思う行動」になると、「何も変わらない」と答えたユーザーが21.7%、「今以上にCDを買う」と答えたユーザーが21.3%、「CDレンタル」と答えたユーザーが7.7%と、30%近くも減少している。

その代わりに、「有料ダウンロード」と答えたユーザーが20.9%、「無料ダウンロード」と答えたユーザーが11.5%と、音楽配信が軒並み数字を伸ばしている。将来的に音楽配信が有望であることは、やはり間違いがないみたい。

それにしても今回のアンケート結果を見る限り、いきなりCDが市場から姿を消してしまって、音楽配信一色になるなんていう現象は起こりそうもないようだ。アナログが完全に市場から消えてしまっていないように。。。

■「Musicman」
http://www.musicman-net.com/

■アンケート結果
http://www.musicman-net.co.jp/enquete/0701/

Comment(11)

コメント

御世話になります。

これは、音楽業界が「ネット音痴」であるため、それを使うユーザーも「ネット音痴」である という当たり前の結果だと思う。

話しは飛ぶが、アーティストのHPはひどい。レベルは個人制作レベルであり、更新頻度は最低ランク。これで「これからはネットの時代」なんて言うのは片腹痛い。

アーティストで「自分で制作したサイトです」なんて言う人が何人存在するだろうか!ブログ程度をサイトだと勘違いしているのでは、到底、ネット時代の勝者など程遠い。

ネット活用出来ないアーティスト。
そして、それに集まるしかないファン。
これでは、
「サイトを見てね」
「ダウンロードしてね」
など夢だろう。

これに比べてネットショップは熾烈。
どうにしかして購入してもらうための「工夫」や「知恵」は並大抵のものではない。

もう少し、アーティストは真剣に「ネット勉強」をすべきだと思う。
そうすれば、自ずとダウンロード販売で利益を得られるようになると思う

ぼぼ

音質が悪い配信でなんてコンポではとてもじゃないけど聞いてられません。

とりあえずは「CDでしか手に入らない音源」が多すぎます。
ついでにCDはどのCDプレーヤーでもまず聞けますが配信楽曲はプレーヤーを選びます。しかも店によって品揃えが違いすぎるわOSのバージョンだのなんだのに縛られるわで不便さの方が先に来ています。DRMのおかげで購入したデータが将来にわたってちゃんと聞き続けられるかどうかも疑わしいです。さらにCDと違ってジャケットも歌詞カードもライナーノーツも無くデータも圧縮されているというのにそんなには安くない。どう考えてもまだまだメインにはなれそうもないです。
そしてそこらへんがいつになったら解決できるのかというと悲観的にならざるをえない最近の音楽業界の体たらく。音楽よりも金の方が好きなひとばっかりな気がします。

伊藤靖

角田さん>
コメント有難うございます。音楽業界ネットに弱いことは確かですが、アーティストやファンは決してそうじゃないんです。これは実際にアーティストに接してみてわかったことですが、こちらが驚くほどネットを使いこなしているアーティストがたくさんいます。業界がそれに追いついていない気がします。

伊藤靖

ぼぼさん>
コメント有難うございます。確かに音質悪いですよね。携帯プレイヤー中心のユーザーはあれでもいいんでしょうけど、ダウンロードした楽曲を自宅のオーディオ装置で聴くことって確かにないですね。

伊藤靖

たけぽんさん>
コメント有難うございます。僕が一番問題だなと思っているのは、いま定着しかかっている1曲150円という金額ですね。正直高いと思っています。
>>音楽業界の体たらく
たしかに、努力が足りない気がしますね。

御世話になります。

>これは実際にアーティストに接してみてわかったことですが、こちらが驚くほどネットを使いこなしているアーティストがたくさんいます。

そうなんですか!!
確かに、そうかもしれない!

「持たざる者」はネットを活用します。
・知名度がない人
・零細企業
・お金が無い人
このタイプは、インターネットは200%使用する傾向がある。

逆に、「持っている者」は、既存のネットワークを活用するため、ネット活用が疎かになる。

ただ、心配なのが「速度」です。

私はネットショップをしているので肌で感じているのですが、活用・収得の速度が、年間単位で見ると、物凄く早い。
つまり、1年間、ノウハウを磨いた人と、していない人は、天と地の差が生まれる。
最初は小さな差であるが、時間と共に差はひらくばかり。

単に使用しているのではなく「進化」している事が大切な事だと思う。長く使用しているから「立派」という時代は過ぎ去ったと思います。

伊藤靖

確かにHPは開設してみたものの、その後どうすればいいのかわからないというアーティストは多いような気がしますね。そのあたりを何とかしてサポートしてあげたいと思っているんですが。。。

連投すみません。せのおです。
自分の場合もほぼCDばかりです。
ITに関わる仕事をしていて言うのも何ですが、いまいち”データだけ”というものに信用が置けません。
(実際には違うらしいですが)”永久です”と謳っているCDは、そのメディアを破壊しない限りずーっと聴き続けられますが、”データ”はバックアップを取っておかないと、ハードディスクがハード的に壊れた時どうにもならないですし。
ダウンロード販売しているサイトが、一度購入したものはずーっとダウンロードOKです、という形にアーカイブ的に使えるなら別ですが。
それに、何となく、ブツも無い、ジャケットも無い割に、例えばiTunesMusicStoreなんか、一曲150円とか200円とか、ってかえって高く無いか?と思ったり。。。所有欲もいまいち実感できませんし。そのあたり、自分も旧世代の人間なのかもしれませんが。
ただ、対象となる消費者は世代が変わっていく中で、ダウンロードサイト、というものに将来性は感じます。

伊藤靖

同感ですね。結局アナログ世代にはCDでもちょっと物足りないわけで、それがデータだけとなるとちょっと抵抗があるみたいです。僕の場合は、最近のアーティストを音楽配信を利用して聞きます。それで、アルバムの曲を全部聴いてみたいなと思ったらCDを買う。

nvdbuijr gkqvjd pmfzlsj lnrzg rbnxl vwuhent ashi

コメントを投稿する