オルタナティブ・ブログ > ネットバー >

一般のSEからみた現状のITやネットや身の回りのことを綴ります

9セル図解を使ったビジネスモデルの読み方、考え方

»


ビジネスモデルを図解する方法にピクト図解ビジネスモデル図解があります。

今回ご紹介するのは、9セルフレームワークを元にピクト図解を改良した下記の9セル図解です。
※9セルフレームワークに関してはこちらの記事をご覧ください

ビジネス図解.png

9セル図解の読み方・考え方

1.ビジネスの本質は「交換」

ビジネスとは、誰かと誰かが何かを交換して成立しています。
それぞれの項目を見る時に「交換」が成立しているのかを確認します。
企画する場合には、売り手側の勝手な思い込みで「交換が成立する」と思いがちなので、相手の立場に立った「交換」の確認が必要になります。

2.顧客価値・利益・プロセスの各領域の見方

9セルフレームワークと同様に、顧客価値・利益・プロセスの各領域に分かれています。

まずは上段の顧客価値から見ていきます。
ここは、なぜユーザーに自社の商品サービスが選ばれるのかが①②③で説明される箇所になります。
ビジネスにおいて最重要な箇所になります。

次に中段を見ます。こちらは、このビジネスがなぜ儲かるのかが④⑤⑥で説明される箇所になります。
儲からなければビジネスは継続できないので儲け方に違和感がないか確認します。

最後に下段のプロセスは、なぜこのビジネスが成立するのかという裏付けが⑦⑧⑨で説明される箇所になります。
⑦は、4P(商品、価格、プロモーション、流通)に当たる項目なので複数記載し、繋がりを補足していきます。
そして、⑧自社の強みと、⑨自社の弱みを補完する提携先を記載しています。

プロセスの部分は、なぜビジネスが成立し、真似しにくいビジネスになっているかを確認します。
真似しにくいビジネスにしなければ、儲け続けることは難しいので、そのために下記の四つのポイントの確認が重要になります。

3.真似しにくいビジネスにする四つポイントの見方

9セルでは真似しにくいビジネスにさせる四つポイントがあります。
下記、9セルフレームワークの記事で掲載した四つのポイントになります。
これを特に注意して確認することが重要になります。

1、儲ける対象をずらすことで、ビジネスを差別化できる

大抵の人は①(顧客価値)と②(提案)で差別化しようとしますが、それだけでは差別化し続けるのは難しいです。

そこで、儲ける対象をずらします。
①と④:誰から儲けて、誰から儲けないのか(顧客ミックスの考え方)
②と⑤:どの商品サービスで儲けて、どの商品サービスでは儲けないのか(マージンミックスの考え方)
他社とは異なる課金モデルにし、従来にとらわれない新しいビジネスモデルで競合に差をつけることができます。

2、競合との違いを明確にする

③(他との違い)と⑧(強み)がリンクしているかどうか。
提供する商品サービスに差があり、それが自社の強みと一致しているかが重要になります。
もし他との違いがあっても、自社の強みと一致していなければ、競合に簡単に真似されます。

3、強みと儲けのポイントを結びつける

⑤(何で儲けるか)と⑧(強み)がリンクしているか。
自社の経営資源で儲けのポイントを抑えられているかが重要になります。
儲けのポイントを他社に任してはいけないのです。

4、縦のhowを意識する

大抵のビジネスで差別化はいずれできなくなります。
そこで、HOWの縦のラインの③⑥⑦を整合性を意識します。
これは、商品サービスの販売前から販売後までフォローできているかが重要になります。
顧客とのつながりを意識して、顧客のアップデート、アップグレードするためにはどうすればいいかを考えます。

9セルフレームワークと9セル図解の関係性

9セルフレームワークと9セル図解の関係性は、下記のようになります。
強みや弱みを補完する提携先、つながりを生む4Pに当たる部分と、各項目とのつながりが重要になります。

「9セルモデル」と「ピクト図解」の関係.png

ビジネスモデルを一枚の図として俯瞰することで、各項目の関連性が把握でき、ビジネス構造をとらえやすくなります。

ぜひ、ビジネスモデルを構築する場合や改善する場合には、9セルフレームワークや9セル図解を使ってみるのはいかがでしょうか。

最後までお読み頂いてありがとうございます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する