オルタナティブ・ブログ > 穂苅智哉の Webビジネス!日進月歩 >

文系学部からITベンチャー企業へ進んだ男が考えていること、感じたこと、未来のことなどを書きます。

タスクを効率的に終わらせたい

»

7月7日は七夕でしたね。 七夕は中国、日本、台湾、ベトナムといった中国の文化を取り入れてきた国で今も行われている行事です。日本では、奈良時代に中国から七夕が伝わり、日本古来の伝説と合わさって独自の七夕になったという経緯があるようです。
(そう考えるとディズニーリゾートの七夕イベントは、アメリカの象徴ミッキーマウスが東アジアの伝統七夕とコラボしているという面白い構図がわかりますね笑)

今回は、自分のタスクをいかに効率的に終わらせるかについて考えてみました。今会社メンバー数人でとあるプロジェクトを進めているのですがなかなか思い通りにいかないことが多いです。自分個人の中でも「これは早めにやらないといけないから土曜日の午前中に終わらせてしまおう!」と計画をたてるところまではいいのですが、結局計画通りにいかないということが続いていてそんな自分が嫌いです。

guy-2617866_1280.jpg

というわけで、この自分の問題を解決するための重要なファクターとしては、「宣言」と「自分に近いフォロワーの存在」の2点だと思いました。

宣言するということ

何かを成し遂げたい場合、よく周りの人に宣言するといいと言われますね。理由としては外堀を埋めて自分を追い込むこと、周りの雰囲気を自分のやりたいことを成し遂げられるようにしていくこと、また思いがけない助けがあるかもしれないことなどメリットはたくさんあります。

SNSでの宣言、友達に宣言、会社の人に宣言、コミュニティの人に宣言などとにかく宣言するとメリットがたくさんあります。デメリットとしては宣言したことが達成できなかった時にちょっと恥ずかしいというところだけです。次また挑戦すればいいだけの話ですので、宣言については自分も気をつけていきたいところです。

自分に近いフォロワーの存在

これは、恋人やルームメイトなど生活に直結する人たちの存在という意味です。 僕は改めて「めちゃめちゃ自分に弱い人間だなぁ〜」とヘコんでいます。 というのも、これを何時からやる!と決めたことがなかなか計画通りに行かず、ダラダラ過ごしてしまうことが多いからです。 なぜだろうと考えたところ、自分に近いフォロワーが少ないからだ!と思いました。 恋人やルームメイトがいれば、 「かっこ悪いところ見せられない!」 と自分を律して行動ができると思うのです。 しかし今は、、、

今後ますます自分を律する必要が出てくると思っています。 自分を自分で変えることは1番重要なのですが僕もニンゲン。弱いニンゲンです。そこで、外部の環境を変えるということも大事だなと七夕に考え、行動を進めていこうと思いました。

皆さんはどうやって自分を律していますか?

私、穂苅智哉の情報は、以下のFacebookページTwitterアカウントを御覧ください!
※友達申請をいただける方は、お手数ですがメッセージを添えておねがいいたします。

Facebook
https://www.facebook.com/tomoya.hokari.79

Twitter
https://twitter.com/tomoyanhokarin

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する