オルタナティブ・ブログ > An Agile Way >

アジャイルに行こう!

UMLツール比較 -- 日経SYSMTEMS調査

»

Nikkeisystems

※ 8/8追記: 日経BP社より、以下のデータの転載許可を頂ました。
日経SYSTEMS 2007.6 号「開発支援ツール徹底調査」 p.30 「分析/設計分野で利用されたツールの概要」

ちょっと時間がたってしまいましたが、2007年6月号「日経SYSTEMS」誌によって行われた、ソフトウェアツールの比較記事を引用します。

この記事では、JUDEが大変多く取り上げられていて、開発メンバーもとても元気づけられた記事でした。

まず、分析/設計で使われたツールの比率です。

分析/設計分野で利用されたツール

1 Visio 22.6%
2 JUDE 15.1%
3 独自開発したツール 14.0%
4 EA 6.2%
5 Object BrowserER 4.5%

なんと、Visioに続いてJUDEが2位にランクインです。JUDEが上位に食い込んでいることもうれしかったですが、分析・設計でもVisioが多く使われている、という実態にショックを受けました。さらに、これらを、開発環境(Visual Studio と Eclipse)とクロスで集計すると、このようになります。

Visual Studio 利用者が選択した分析/設計ツール

1 Visio 54.0%
2 JUDE 14.3%
3 EA 4.8%
4 ER/Studio 4.8%
5 ObjectBrowerER 3.2%

.NETの環境では、やはりVisioが1位。しかし、Java開発環境に強いEclipseでは、

Eclipse 利用者が選択した分析/設計ツール

1 JUDE 33.9%
2 Visio 14.5%
3 EA 8.1%
4 Together 6.5%
5 EclipseUML 6.5%

なんと、JUDEが一位だったのです。JUDEはpure Java で開発されていますので、どちらかというと、Eclipseで開発しているような集団との相性がいいようです。

私は常々、開発の現場に喜ばれるツールを作りたい、と考えてJUDEを開発してきました。ちょっと振り返ってみたら、なんと10年もJUDEに携わっているのですね。この10年間の成果として、この結果は自分自身にとっても、とっても、とっても大きなご褒美になりました。どんなにいいツールでも、現場で使ってもらってなんぼです。使いやすさ、この一点に絞って開発してきた甲斐があったと、感じた調査結果でした。(涙)

※追記(8/1)

この調査の出展は、日経SYSTEMS 2007.6 号「開発支援ツール徹底調査」 p.30 「分析/設計分野で利用されたツールの概要」です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する