オルタナティブ・ブログ > 欧州の視点 >

あまり紹介されることのない欧州系ITニュースが読めるブログ

Google、ドイツのGmailを閉鎖か?

»

The Inquirerの記事より。Googleがドイツ語版Gmailのサービスを停止するようだ。

これは、ドイツ政府が進めているインターネット監視法案を受けてのもの。この法案では、セキュリティを理由に、ISPや電子メールサービス事業者に対しユーザーの情報収集を求めているという。Googleはプライバシー保護に反するとして、法案に反対しているようだ。

プライバシーといえば、先週のGoogle Press Dayでも何かと質問が出た。Googleのように、複数の国で展開していると規制遵守はなかなか難しいのだそうだ。そういえば、Googleが欧州7カ国や日本でサービスを開始したYouTube、ドイツ版はまだだ。Google側は「特に理由はない」と述べていたが、なんでだろう?

Comment(2)

コメント

mohno

> YouTube、ドイツ版はまだだ

知りませんでした^_^;
http://kiyosakari.blog105.fc2.com/blog-entry-14.html で解説されている、

> 違法に複製された複製物のダウンロードが違法になりうると,明文で規定されています。

に理由があるのかもしれません。

mohnoさん、

末岡です。

YouTubeに関してですが、ドイツユーザーの動画サイト利用率はそれほど高いわけでもないようで、そこも理由かもしれません。YouTube側は国際化第2弾ローンチではドイツを入れたいようです。

末岡

コメントを投稿する