オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

世界のパブリッククラウド市場は、2018年の1967億ドル から 2022年には3546億ドルの市場へ。最大市場はSaaS、最も高い成長率はIaaS

»

米調査会社のガートナーは2019年11月13日、世界のパブリッククラウドサービス市場予測を公表しました。

Gartner Forecasts Worldwide Public Cloud Revenue to Grow 17% in 2020

ガートナーによると、2019年の2,278億ドルから2020年には17%成長し2,664億ドルになると予測しています。2018年の1967億ドル から 2022年には3546億ドルの市場に達すると予測しています。

スクリーンショット 2019-11-25 20.35.25.png

出所:ガートナー 2019.11.13

最も高い市場セグメントはSaaSとなっており、サブスクリプションベースのソフトウェアのスケーラビリティの利用が進み、2018年の857億ドルから2022年には1511億ドルに達すると予測しています。

次にくるのがIaaSで、2018年の324億ドルから2022年には741億ドルに達すると予測しており、最も高い成長率となっています。背景には、従来のデータセンターでは対応できない、アプリケーションやワークロードの対応ニーズが高まっていることがあげられています。

ガートナーで。 「したがって、クラウドへの投資に関連する結果に対する期待も高くなります。次世代ソリューションの採用は、ほとんどの場合「クラウド強化」ソリューションであり、クラウドプラットフォームの強みに基づいてデジタルビジネス機能を提供することを意味します。」サービスとしてのソフトウェア(SaaS)は引き続き最大の市場セグメントであり、サブスクリプションベースのソフトウェアのスケーラビリティにより、

ガートナーによると、2022年までに企業の最大60%がサービスプロバイダーの提供するクラウド管理サービスを利用するようになり、この割合は2018年の2倍に相当すると予測しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する