オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

増加するAI関連発明の国内特許出願件数、2017年は前年比65%増の3,065件

»

特許庁は2019年7月1日、AI(Artificial Intelligence;人工知能)関連発明の特許出願について、国内外の状況を調査結果を公表しています。

AI関連発明の国内特許出願件数は、第三次AIブームの影響で2014年以降急増し、2017年は約3,065件(前年比約65%増)で、そのうち、AIのコア技術に関する出願は、約900件(前年比約55%増)となっています。

スクリーンショット 2019-07-01 21.34.10.png

AI関連発明の国内特許出願件数の推移
出所:特許庁 2019.7.1

近年のAI関連発明に用いられている主要な技術は機械学習で、その中でも深層学習(ディープラーニング)に言及する出願は2014年以降急増し、2017年の国内のAI関連発明の特許出願は、約半数が深層学習に言及するものとなっています。

スクリーンショット 2019-07-01 21.40.47.png

深層学習に言及するAI関連発明の国内特許出願件数の推移
出所:特許庁 2019.7.1

AIの適用分野としては、画像処理や情報検索・推薦、ビジネス関連、医学診断分野が目立っており、近年は特に制御・ロボティクス分野への適用が増加しています。

スクリーンショット 2019-07-01 21.42.02.png

AI関連発明の適用分野の推移(2017年の出願件数を表記)
出所:特許庁 2019.7.1

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する