オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

文部科学省が目指す次世代の学校・教育現場(具体的イメージ)

»

文部科学省は2019年3月19日、先端技術の活用方策の具体化の検討を進め、「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(中間まとめ)」を公表しました。

今回の中間まとめでは、公教育や教師の役割の重要性を踏まえつつ、先端技術の効果的な活用を通じて「子供の力を最大限引き出す学び」を実現する目指すべき次世代の学校・教育現場を具体的に提示するとともに、現状と課題を整理しています。

文部科学省が目指す次世代の学校・教育現場では、良質な授業・コンテンツの提供、校務の効率化、児童生徒の効果的な学びの支援、教師の経験知と科学的視点のベストミックスによる具体的イメージを示しています。

スクリーンショット 2019-03-30 17.35.42.png

出所:文部科学省 新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(中間まとめ)2019.3

目指すべき次世代の学校・教育現場では、「子供の力を最大限引き出す学び」を実現するため、ICTを基盤とした遠隔技術などの最適な先端技術を活用するための方向感を示しています。

スクリーンショット 2019-03-30 17.37.14.png

出所:文部科学省 新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(中間まとめ)2019.3

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する