オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

2018年のシェアリングエコノミー経済規模は1兆8,000億円超え、30年には11兆円に

»

一般社団法人シェアリングエコノミー協会は2019年4月9日、株式会社情報通信総合研究所(ICR)と共同で、「日本のシェアリングサービスに関する市場調査」を実施し、公表しています。本調査により18年度のシェアリングエコノミー経済規模が過去最高となる1兆8,874億円を超え、30年度には11兆1,275億円に達すると予測しています。

スクリーンショット 2019-04-09 14.01.47.png

出所:日本のシェアリングサービスに関する市場調査 2019.4.9

なお、カテゴリ別の市場規模の推移は以下のとおりです。

スクリーンショット 2019-04-09 14.02.25.png

出所:日本のシェアリングサービスに関する市場調査 2019.4.9

既存産業への経済波及効果は18年度で1兆4,000億円、30年で8兆円を予測しています。特に、製造業、不動産、サービス業に大きく影響しています。

シェアリングエコノミーサービスを通じて個人が得た収入から製造業やサービス業等の既存産業へ及ぼす経済波及効果(各産業の生産額の増加額)は18年度で1兆4,120億円、30年度課題解決シナリオでは8兆1,381億円であり、シェアリングエコノミーの成長は既存産業へもかなり好影響を与えていると予測しています。

スクリーンショット 2019-04-09 14.07.52.png

出所:日本のシェアリングサービスに関する市場調査 2019.4.9

※市場の定義
対象とするサービスはインターネット上で資産やスキルの提供者と利用者を結びつけるもの、利用したいときにすぐ取引が成立するものとし、市場規模は資産・サービス提供者と利用者の間の取引金額と定義(プラットフォーマーの売上ではない)

スクリーンショット 2019-04-09 14.06.42.png

出所:日本のシェアリングサービスに関する市場調査 2019.4.9

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する