オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

なぜTwitterするの?――正統派的ご意見

»

 以前、Twitterは「いまなにしてる?」を書くところじゃないという話を書きましたが、英Times紙のオンライン版に心理学者などによるTwitter分析が載っていたのでちょっとご紹介。

 臨床心理学者のオリバー・ジェームズさん曰く「Twitterするのは自我同一性の欠如が原因。自分が誰で、何で、どこにいるかを常に確認するためで、しっかりした自我を持っている人はTwitterしない」。認知神経心理学者のデビッド・ルイス博士も「かつてなく自己愛の強いこの時代、Twitterを使うことは不安感のレベルを示す。誰かに認知してもらえないと自分の存在が確認できないのだ。Twitterによって一時的には不安感はやわらぐが、解消されることはない」と。

 まあ「情報収集のため」よりもそういう「つながってるつもり」のためにTwitterを使うという方が本来の使い方のような気がします。

 また、「なぜ誰かのフォロワーになるのか?」については、哲学者のアラン・ド・ボトンさんが「つぶやきを受け取るのは、こっそり秘密の話を耳元でささやいてもらうようなもの。内容が大事なのではなく、ささやいてもらうのが嬉しいのだ」と。

 んー。あんまりつぶやきたいと思わないのは自我が確立できてるからだってことにしておこうと思う澤でした。

Comment(4)

コメント

こんにちは。この元記事にコメントをさせていただきます。Twitterをするのは、

台頭する新しいコミュニケーションの実験(xx2.0)
デジタルネィティブとお近づきになるため
新ネタ探し(新情報はTwitterからというトレンド)
企業のコミュニケーション目的を遂行するため

などではまずいのでしょうか。
Twitter=つぶやく
という限定解釈であれば、“なんで?”と元記事のような解釈になるのかもしれませんが、利用方法が刻一刻と変化してきている昨今では、当てはまらないと感じています。

sawa

> 玉川岳郎さま

コメントをありがとうございます。「ニュータイプになろう!」拝読しております。

玉川さまが挙げられた利用目的はもちろん正しいというとまた違うと思いますがOKというか、その通りだと思います。私も以前の投稿で「情報収集ツールとして使うならTwitterに納得」というようなことを書いております。

そもそもTwitter創設者の1人であるエヴァン・ウィリアムズでさえ「なんでみんながTwitter使ってるのかわかんない」と言っているくらいで、道具の使い方は人それぞれ、そこから発展していく可能性があるのが楽しいところだと思います。

sawa

つけたしですが、元記事はまだ米国ほどTwitterが普及していない英国の保守系新聞の、女性向けライフスタイル&ファッション関連コラムなのです。

sawaさん、
ありがとうございます。
大変参考になりました。

コメントを投稿する