オルタナティブ・ブログ > ASSIOMA >

ICT業界動向やICT関連政策を基に「未来はこんな感じ?」を自分なりの目線で「主張(Assioma)」します。

開始一ヶ月間で4万4千PV突破。学べるブログメディアASSIOMAに見るソーシャルメディアの可能性

»

Assiomalogo

お蔭様で、2011年7月1日から開始した「学べるブログメディアASSIOMA(アショーマ)」の航行開始から一ヶ月が経過しました。脱PVを目指すとは宣言したものの、やはりメディアと名乗っているからには、誰からも見て貰えず、内輪だけで盛り上がって居ては意味がありません。そのため月間10万PV位は安定して見て貰えるメディアに育てたいと考えています。開始一ヶ月目の成績は、ご祝儀?的なアクセスも含まれているのか「4万4千PV」と、上出来なスタートを切る事が出来ました。

Pv

■検索エンジンからのセッションは全体の2.76%
検索エンジンからのトラフィック流入しか期待出来なかった時代には、幾ら複数の人間で記事を書いているブログとはいえ、一般人の集まりでは、1万PVを超えるようなアクセスを期待することは中々出来ませんでした。大手メディアに取り上げられでもしなければ、そもそもブログの存在が誰にも知られて居ないので開始直後なら良くて一日100PV位が限界では無いでしょうか。

ブログが知られて居ない状態で、見知らぬ人からのアクセスを期待するには、「検索エンジン」頼みになります。しかし、開始直後の個人ブログは検索エンジンにも殆ど相手にされていませんから、キーワードの上位に表示される事も難しいのです。実際、「ASSIOMA」のアクセス解析によると、検索エンジンからの流入は全体セッションの中の僅か2.76%、800セッションにすぎません。
Traffic

検索エンジンしか無かったと仮定すれば、恐らく「ASSIOMA」の開始一ヶ月のPV数は2千~3千程度だったのでは無いでしょうか。しかし、Twitter、Facebookの普及した今は違います。口コミの力によって「読書」つれて来てくれるのです。

■ブログ継続の最大の難関「モチベーション維持」のハードルが下がる
ブログを運用するに当たって、一番の課題はネタを探すことより、文章能力より、「モチベーション」を維持する事が大切だと私は考えています。どれほど面白いネタを見つけてきても、素晴らしい文章能力があっても「単発」で終わってしまっては、その後のリピータ獲得には繋がらないのです。「続けること」これが、一番大切で、一番大変な事でもあります。

そんな中、「これはきっと受ける!」と思って一生懸命に書いても、反応も無い、PVも無いという状態でブログ更新を継続する事は至難の技です。

しかし、今はソーシャルメディアによって「良い」記事には反応がとても付き易くなりました。「読書」の反応は素直です、良い物には「いいね」を、そうでなければ「無視」と、公平な評価が下されます。

ソーシャルメディアによって、従来より「反応が得られやすくなった」ことは、ブログ運営の最大の課題である「モチベーション維持」を非常にサポートしてくれます。

初めて記事を書き、「いいね」を押される。読んでくれた人の「顔」が見える事はとても嬉しい事です。読書の顔が見えなかった時代には、とても考えられなかったことです。

誰でも情報発信する事が出来るようになり、モチベーションを維持することも、昔よりハードルが下がった現在。皆さんもブログを書いて見ませんか?きっと世界が広がると思います。

■十万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 奇妙な国日本で、これから社会人になる人達へ
 【ネットの匿名性】 勝間 vs ひろゆき、について思うこと。

■一万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 IS03購入。購入してから三日間のIS03体験記。 - IS03 First Impression -
 Kindle3購入。使ってみて分かったiPadとの違い。 - Kindle3 First Impression -
 孫泰蔵さんによる「起業セミナー」、「日本にベンチャーの風を」についてまとめました。
 ソーシャル時代の新常識。Viralと共感で繋げる新消費者行動モデル「VISAS」
 世界で初めて「インターネットのブロードバンド接続を全国民の基本的権利」としたフィンランド
 事業仕分け騒動。「光より速い通信技術」について思うこと
 電子書籍リーダが変える産業構造。消える産業、産まれる産業
 日本経済の不都合な真実
 SIMロック解除とSIMロック解除後の未来を考察する
 Twitterを初めたばかりの人が読むとちょっと良いこと

■著書及び自己紹介
大元隆志
ソーシャルメディア実践の書 ーfacebook・Twitterによるパーソナルブランディングー
IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入




Comment(0)