オルタナティブ・ブログ > ASSIOMA >

ICT業界動向やICT関連政策を基に「未来はこんな感じ?」を自分なりの目線で「主張(Assioma)」します。

連載第二回:ついに枯渇したIPv4アドレス―アドレス枯渇対策の具体策と対応状況を知る

»

Sc_banner06_2
2011年4月15日、遂に日本国内でもJPNICにてIPv4アドレスが枯渇致しました。少し、遅くなりましたが2011年4月20日にEnterprizeZine様にIPv4アドレス枯渇について、第二回目の記事を寄稿させて頂きました。
一般企業に勤める方などはインターネットの裏側とも言える、この問題についてあまり詳しく無いのは当然のことであり、不安に駆られている方も少なからずいらっしゃるのでは無いかと思います。本連載ではそういった方々に向けて、現在の状況を解説し、今どういったアクションを取るべきなのかを冷静にご判断頂くことを目的としています。

ついに枯渇したIPv4アドレス―アドレス枯渇対策の具体策と対応状況を知る
http://enterprisezine.jp/article/detail/3044

前回と、今回でIPv4アドレス枯渇問題に対して主要なプレイヤーがどういった対応状況にあるのかを、解説させて頂きました。次回からはいよいよ、今回の連載のターゲットである、企業においてIPv4アドレス枯渇対策をどう考えていくべきかを取り扱います。

本連載に関わらず、インタビューや、企業団体等からのIPv4アドレス枯渇についての講演依頼が増えてきました。いよいよ国内でもISP/キャリア以外がこの問題について認識し始めたんだなと実感しています。私としてはこのインターネット始まって依頼の大きな変化の時期に微力ながら貢献出来ている事を嬉しく思っております。

もし、講演等の要望が御座いましたら、特に金銭を頂くこと無くお引き受けさせて頂いておりますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

また、本記事に関するご意見、ご要望等御座いましたら、お気軽に問い合わせ頂ければと思います。

■本件に関わる著書の紹介
2009年に「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」を執筆致しました。

本書籍を下記の方々に本書籍をご紹介頂きました。
  ・社団法人 情報通信設備協会の推薦書籍に指定頂きました。
  http://www.itca.or.jp/newsinfo/support/info110311.html

 ・先日開催された、神戸ITフェスティバル(http://kobe-it-fes.org/)
  にて法林様に書籍を紹介頂きました。
  http://www.suplex.gr.jp/~hourin/201104kobe.pdf

 ・内閣官房情報セキュリティセンター 佐々木様
  のプレゼン資料でも取り上げて頂きました。
  http://www.iajapan.org/ipv6/summit/2010/pdf/04/01_sasaki.pdf

 ・日経NETWORK 田村 奈央様
  http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20100219/344841/


■ソーシャルカンファレンスで協力頂いている企業の方々
 ・クラウド型の無料コラボレーションツールを提供する「サイボウズLive

 ・無料オンラインホームページ作成サービス Jimbo、高品質レンタルサーバを提供する
   KDDI Web Communications様
 ・スタートアップ企業のIPOを支援する ブレイクポイント株式会社様

■皆様へのお願い
 日本のスタートアップ企業を応援しよう! ソーシャルカンファレンス2011 開催ご協力のお願い

■十万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 奇妙な国日本で、これから社会人になる人達へ
 【ネットの匿名性】 勝間 vs ひろゆき、について思うこと。

■一万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 IS03購入。購入してから三日間のIS03体験記。 - IS03 First Impression -
 Kindle3購入。使ってみて分かったiPadとの違い。 - Kindle3 First Impression -
 孫泰蔵さんによる「起業セミナー」、「日本にベンチャーの風を」についてまとめました。
 ソーシャル時代の新常識。Viralと共感で繋げる新消費者行動モデル「VISAS」
 世界で初めて「インターネットのブロードバンド接続を全国民の基本的権利」としたフィンランド
 事業仕分け騒動。「光より速い通信技術」について思うこと
 電子書籍リーダが変える産業構造。消える産業、産まれる産業
 日本経済の不都合な真実
 SIMロック解除とSIMロック解除後の未来を考察する
 Twitterを初めたばかりの人が読むとちょっと良いこと

■著書及び自己紹介
大元隆志
IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入




Comment(0)