オルタナティブ・ブログ > ASSIOMA >

ICT業界動向やICT関連政策を基に「未来はこんな感じ?」を自分なりの目線で「主張(Assioma)」します。

お陰さまでTwitterのフォロワーが5千人を突破しました。現時点のTwitterの影響力について考察する

»

Sc_banner06_2

気がつけば、Twitterのフォロワーが5000人を超えていました。フォロー頂いている皆さん有難う御座います。Twitterを始めた当初は「フォロワーが一万人も居れば自分がメディアとなれるかもしれない」そんな事を思いながら、コツコツと情報発信を心がけてきたので丁度その半分に到達したという状態です。

勿論、フォロワー増加ツール等を利用すれば一万人なんてあっという間に到達するのは承知していますが、私の場合は自然増を心がけてきました。自然増による増加ポリシーで、一万人に到達するのが、いつになるかはわかりませんが、丁度良い記念なので、今の自分の感想をまとめてみたいと思います。

■Twitter5千人時点の影響力
 ・Klout Score
  現在のKlout Scoreは66となっています。66という値は一般人にしては良い値だそうてず。これはフォロワーの数もある程度、影響しているのでしょう。
  

 ・ブログのPV増加への貢献
  ブログのPV増加に貢献という観点でも、今の私の力では、どんなエントリーでもこの位のPVは稼げる!と確実に言えるのは150PV前後です。それも4~5回程度Tweetしてという状態です。IPv4枯渇/IPv6系がこれに該当していて、殆どPVが伸びません。幾ら呟こうが、興味のわかないエントリーに対しては誰もクリックしないということですね。

  一方で、ソーシャルメディア系のテーマや、スマートフォン系のエントリーであれば、グッとPVは上昇し500位が平均点という状態になります。

  とはいえ、こういった状態はTwitterのフォロワー数が数百人レベルだった時とさほど変化は無く、最低PVのラインが僅かながら上昇したと感じているレベルです。PVを最も伸ばす最大の要因はフォロワーではなく、内容だと痛感しています。内容が良く、多くの方に共感頂けたエントリーは、呟きの連鎖を呼び、私の手元を離れてRTされだし、数万PVに到達します。

  自分のフォロワーだけが反応してくれているだけでは、限界があるという事であり、自分を支援してくれている存在は常に頭にありつつも、その人達だけに受けるものを提供していては、そのカラを破る事は出来ず、幅ひろく拡散されないということが分かりました。

 ・生活の変化
  自分の生活が変わったか?という点ですが、当たり前ですがそれ程大きな変化はありません。しいてあげるならば、勉強会等を開催するとTwitterのフォロワーが500名位だった頃には僅か数名しか集まらなかったのに、現在は最低でも30人、多いときで100人を超える位まで、集まって頂ける状態にはなりました。ただ、これは勉強会のテーマや講師の知名度にも左右されるのでTwitterのフォロワーの数が影響しているとは一概には言えないと思います。

 ・総括
 Twitterを始めた当初は、自然増でフォロワーが5000人も居れば、さぞかし有名人になっているんだろうなぁと感じていましたが、実際に到達してみると、それ程の変化は感じていないというのが、正直な感想です。むしろ感じるのはブログの偉大さです。そもそも私のTwitterのフォロワー増加要因は、ブログのエントリーの反響が多かった時に100名位一度に増加することが良くあります。

 オフ会等に参加して、声をかけて頂くことは増えましたが、皆さんの第一声は「ブログ見てます」というお声がけであり、「Twitter見てます」という人にあった事はありません。これは、ソーシャルメディアのどこをホームグラウンドにしているかによって感想が違うかもしれませんが、私のホームグラウンドはどうやら、このブログであり、Twitterが主戦場では無いようです。

 ですから、地道にコツコツとフォロワーを増やして、私が当初感じていたみたいに、「フォロワーが5000人とか居たらきっと凄いんだろうな」と考える方の夢を壊して申し訳ないですが、一年前と今を比べて何かが大きく変わったという実感はありません。(勿論、人脈は大きく広がっていますが、これは勉強会に参加したり、直接お会いしたりという事が要因であり、フォロワーの数は関係無いと考えています)

 ソーシャルメディアを活用し、インフルエンサーを目指す道は幾つもあると思いますが、少なくとも私の実感では、Twitterだけではそれ程大きな効果は見込めないということです。ブログ、Facebook、Twitter等それぞれの使いどころを考えて、多面的な展開を考える必要性があると感じています。

 このエントリーの続きを書く時は恐らく一万人到達時点だと思いますが、その時には、Twitterの影響力は凄い!と言える状態になっていれば、いいのになと思って、再びコツコツ頑張っていこうと思います。今後とも宜しくお願い致します。


■皆様へのお願い
 日本のスタートアップ企業を応援しよう! ソーシャルカンファレンス2011 開催ご協力のお願い

■十万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 奇妙な国日本で、これから社会人になる人達へ
 【ネットの匿名性】 勝間 vs ひろゆき、について思うこと。

■一万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 IS03購入。購入してから三日間のIS03体験記。 - IS03 First Impression -
 Kindle3購入。使ってみて分かったiPadとの違い。 - Kindle3 First Impression -
 孫泰蔵さんによる「起業セミナー」、「日本にベンチャーの風を」についてまとめました。
 ソーシャル時代の新常識。Viralと共感で繋げる新消費者行動モデル「VISAS」
 世界で初めて「インターネットのブロードバンド接続を全国民の基本的権利」としたフィンランド
 事業仕分け騒動。「光より速い通信技術」について思うこと
 電子書籍リーダが変える産業構造。消える産業、産まれる産業
 日本経済の不都合な真実
 SIMロック解除とSIMロック解除後の未来を考察する
 Twitterを初めたばかりの人が読むとちょっと良いこと

■著書及び自己紹介
大元隆志
IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入




Comment(0)