オルタナティブ・ブログ > ASSIOMA >

ICT業界動向やICT関連政策を基に「未来はこんな感じ?」を自分なりの目線で「主張(Assioma)」します。

クラウドを利用した安否確認システム利用の薦め

»

Sc_banner06_2

大地震が発生すると、安否確認等で電話や携帯電話のメールが大量に発生し輻輳状態となるため迅速な安否確認が行えません。
しかし、Twitterや、Facebookといったクラウドを活用することで、迅速に安否確認を行う事が可能です。

この機会に、Facebook等で家族用グループ等を作成しておくことをお勧めします。
Facebook
Twitter

音声サービス Skypeも登録しておけば電話がわりになります。

また、Googleが安否確認システムを提供しています。もし、家族の安否がわからない方などいらっしゃいましたらこちらのサービスを活用し、安否を呼びかけてみてください。

Person Finder: 2011 日本地震

■皆様へのお願い
 日本のスタートアップ企業を応援しよう! ソーシャルカンファレンス2011 開催ご協力のお願い

■十万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 奇妙な国日本で、これから社会人になる人達へ
 【ネットの匿名性】 勝間 vs ひろゆき、について思うこと。

■一万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 IS03購入。購入してから三日間のIS03体験記。 - IS03 First Impression -
 Kindle3購入。使ってみて分かったiPadとの違い。 - Kindle3 First Impression -
 孫泰蔵さんによる「起業セミナー」、「日本にベンチャーの風を」についてまとめました。
 ソーシャル時代の新常識。Viralと共感で繋げる新消費者行動モデル「VISAS」
 世界で初めて「インターネットのブロードバンド接続を全国民の基本的権利」としたフィンランド
 事業仕分け騒動。「光より速い通信技術」について思うこと
 電子書籍リーダが変える産業構造。消える産業、産まれる産業
 日本経済の不都合な真実
 SIMロック解除とSIMロック解除後の未来を考察する
 Twitterを初めたばかりの人が読むとちょっと良いこと

■著書及び自己紹介
大元隆志
IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入


Comment(0)