オルタナティブ・ブログ > ASSIOMA >

ICT業界動向やICT関連政策を基に「未来はこんな感じ?」を自分なりの目線で「主張(Assioma)」します。

IPv4アドレスブロックの残数が実質残り2に。目前に迫ったIPv4アドレス枯渇。

»

2010年11月30日 IANAによって「5.0.0.0/8」「37.0.0.0/8」がRIPEに。に「23.0.0.0/8」「100.0.0.0/8」がARINに割り当てられました。
これで、2010年のアドレス消費数は「19」となり、IPv4アドレス枯渇が目前に迫る状況となりました。

20111130ipv4

■2010年の割当状況
 例年の二倍の速度にあたる「19個」に。一気にアドレス枯渇が加速。
 下記に2010に割り当てられたアドレス一覧を記載する。

 □アジア太平洋地域
 001/8 APNIC 2010-01 whois.apnic.net ALLOCATED 
 027/8 APNIC 2010-01 whois.apnic.net ALLOCATED 
 014/8 APNIC 2010-04 whois.apnic.net ALLOCATED
 223/8 APNIC 2010-04 whois.apnic.net ALLOCATED 
 049/8 APNIC 2010-08 whois.apnic.net ALLOCATED 
 101/8 APNIC 2010-08 whois.apnic.net ALLOCATED 
 036/8 APNIC 2010-10 whois.apnic.net ALLOCATED 
 042/8 APNIC 2010-10 whois.apnic.net ALLOCATED 

 □南米地域
 177/8 LACNIC 2010-06 whois.lacnic.net ALLOCATED 
 181/8 LACNIC 2010-06 whois.lacnic.net ALLOCATED 

 □欧州地域
 031/8 RIPE NCC 2010-05 whois.ripe.net ALLOCATED 
 176/8 RIPE NCC 2010-05 whois.ripe.net ALLOCATED 
 005/8 RIPE NCC 2010-11 whois.ripe.net ALLOCATED 
 037/8 RIPE NCC 2010-11 whois.ripe.net ALLOCATED 

 □北米地域
 050/8 ARIN 2010-02 whois.arin.net ALLOCATED 
 107/8 ARIN 2010-02 whois.arin.net ALLOCATED 
 023/8 ARIN 2010-11 whois.arin.net ALLOCATED 
 100/8 ARIN 2010-11 whois.arin.net ALLOCATED 

 □アフリカ地域
 105/8 AfriNIC 2010-11 whois.afrinic.net ALLOCATED

■残りアドレスブロック
 2010年12月現在、IANAで割当可能なIPv4アドレスブロックは下記の7ブロック。
 039/8 IANA   UNALLOCATED 
 102/8 IANA   UNALLOCATED 
 103/8 IANA   UNALLOCATED 
 104/8 IANA   UNALLOCATED 
 106/8 IANA   UNALLOCATED 
 179/8 IANA   UNALLOCATED 
 185/8 IANA   UNALLOCATED
  ※上記アドレスブロックのうち、「二つ」割当られれば、残り5つのアドレスブロックを各地域に均等に分配する。
   また、アドレス割当は通常「二つずつ」割り当てられるため、次の割当でIPv4アドレスが枯渇する恐れがある。

■関連書籍
IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入

■十万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 奇妙な国日本で、これから社会人になる人達へ
 【ネットの匿名性】 勝間 vs ひろゆき、について思うこと。

■一万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 ソーシャル時代の新常識。Viralと共感で繋げる新消費者行動モデル「VISAS」
 世界で初めて「インターネットのブロードバンド接続を全国民の基本的権利」としたフィンランド
 事業仕分け騒動。「光より速い通信技術」について思うこと
 電子書籍リーダが変える産業構造。消える産業、産まれる産業
 日本経済の不都合な真実
 SIMロック解除とSIMロック解除後の未来を考察する
 Twitterを初めたばかりの人が読むとちょっと良いこと

■著書及び自己紹介
大元隆志
IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入


Comment(0)