オルタナティブ・ブログ > ASSIOMA >

ICT業界動向やICT関連政策を基に「未来はこんな感じ?」を自分なりの目線で「主張(Assioma)」します。

IANA IPv4アドレス枯渇予想時期が加速。2011年3月10日に枯渇。

»

2010年11月11日 IANAによって、AfrinicにIPv4アドレスブロック「105/8」が割り当てられました。

これで、2010年のアドレス消費数は「15」となり、例年を大きく上回るペースで消費が進みました。

201011

今回の割り当てで、IANAで割り当て可能なIPv4アドレスの残りアドレスブロック数は「11」となりました。最後の5ブロックは5つの各Registryに均等に分配される事になっているので、実際に割り当て可能なアドレスは「6」となり、IPv4アドレスの枯渇は秒読み段階に入った事になります。

http://www.potaroo.net/tools/ipv4/の予想では、2011年3月10日となっています。

2011年というと遠く感じますが、来年という表現に変えると、目前に迫ってきたと実感する事が出来ますね。更に会計年度で考えると「今期中に枯渇」という表現になるので、本当に目前に迫ってきたなと感じますね。

皆さん、IPv6への移行準備は整っていますか?

■関連書籍
IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入

■四万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 奇妙な国日本で、これから社会人になる人達へ
 【ネットの匿名性】 勝間 vs ひろゆき、について思うこと。

■一万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 ソーシャル時代の新常識。Viralと共感で繋げる新消費者行動モデル「VISAS」
 世界で初めて「インターネットのブロードバンド接続を全国民の基本的権利」としたフィンランド
 事業仕分け騒動。「光より速い通信技術」について思うこと
 電子書籍リーダが変える産業構造。消える産業、産まれる産業
 日本経済の不都合な真実
 SIMロック解除とSIMロック解除後の未来を考察する
 Twitterを初めたばかりの人が読むとちょっと良いこと

■著書及び自己紹介
大元隆志
IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入




Comment(0)

コメント

コメントを投稿する