オルタナティブ・ブログ > ASSIOMA >

ICT業界動向やICT関連政策を基に「未来はこんな感じ?」を自分なりの目線で「主張(Assioma)」します。

SIMロック解除という名のiPhone争奪戦

»
こちらの記事は http://www.assioma.jp/?p=4050 に移動しましたので、お手数ですがブックマークの変更をお願いします。
Comment(3)

コメント

sis

ドコモはBlackberryもAndroidも本気でやる気ないですから、それを犠牲にしてiPhoneを捕る戦略ですね。ほんとやる気ない。日本のiPhoneはソフトバンクが育てたようなものだし。そりゃドコモはアップルに嫌われますよ。

あと、AUについては、通信規格はVerizonと同じですが、周波数の利用法が異なる(上り下りに使う周波数が逆)らしいので、CDMA2000のiPhoneがでても日本では使えないらしいですよ。MMSも使えないでしょうしね。

eau

ドコモのエクスペリアがiphoneに勝てるようにするしかないような気もしますが
ソフトバンクがiphone売れている理由はソフトバンク自体でだしている機種が欠陥だらけで酷いので使える機種のiphoneが売れてしまう気もしますね

どっちにしてもドコモは使いやすいので勝ち残ってほしいと思います。
それかアップルにiphone以上のものをどこもが依頼して作るしかないでしょうね^^
まぁ無理だとは思いますけど。

cozy

アップルの厳しい条件を受け入れてiPhoneを獲得し、日本では売れない(ワンセグやおサイフケータがない)と言われたスマートフォンの市場を立ち上げたのはソフトバンクの功績でしょう。今国内で Android が土俵に乗ってきているのも、ソフトバンクがiPhoneでスマートフォンという概念そのものを浸透させたからに他なりません。iPhoneですら当初は売れなかったですからリスクテイクをして「売れる土壌」を作り上げた企業努力は評価されるべきと思います。

トップ企業であるドコモがSIMロック解除という大義名分をかりて、他社が育てた端末をとりにいこうと言うのはあまりに情けない。元国営として電波割当や資本力で圧倒的に優遇され、メーカーに対しても影響力を持っているのだから、プライドを持ってほしい。

SIMロック解除自体は基本賛成だが、公正で健全な競争を成立させるために、まずソフトバンクが大きくハンデを課せられている電波割当問題を先に解決すべき。

コメントを投稿する