オルタナティブ・ブログ > ASSIOMA >

ICT業界動向やICT関連政策を基に「未来はこんな感じ?」を自分なりの目線で「主張(Assioma)」します。

渋谷東急本店前で購入したBig issueに入っていた一通の手紙。

»

「目覚め」

朝5時、いつもの様に目を覚ます。自分は大きく伸びをして目をあける。
目の前には、ブルーシートを透かして薄日が見える。自分は起きると
まず寝袋から出て寝袋をたたむ。

そして風よけと目隠しのブルーシートをはぎとる。 目を空に向ける。
本日の天気の確認。晴れているとホッとする。

自分達ホームレスにとっては天気はとっても重要である。
雨だと行動範囲が限定されるからだ。

とくに自分は、ビッグイシューの販売をしているので
雨は売上を大きく左右する。天気の確認を終えると寝袋と
ブルーシートをカバンにしまい、囲っていたダンボールを片付け
いつもの場所に隠しに行く。

このダンボールをうまく隠すのがとても大切である。
でないと毎日ダンボールをさがさなくてはならない。

これが中々大変なのだ。ダンボールは早い者勝ちな所がある。
だからダンボールの出が少ない日は早い時間から争奪戦が始まる。
だから自分はいつもダンボールを隠しているのだ。場所は秘密である。

話を少し前に戻そう。
皆さんは朝、何で起きているだろうか。目覚まし時計、お母さんや奥さんの声、
子供の声、テレビの音など色々だろう。

自分の場合は、人の足音や人の話し声などで起きる事が多い。
俺の寝ているすぐ横をコツコツと歩く音。
キャリーバッグを引く音、楽しげな声、眠たげな声などが俺にとっての
目覚まし時計といえるのではないだろうか。

ダンボールを隠し終えるとリュックとキャリーを持って顔を洗うために
ある場所へと向かうのである。

次回へ続く。

この手紙は今日、私の会社の人が、渋谷東急本店前でBig issueと呼ばれるホームレス支援の雑誌を販売しているホームレスの人から、Big issueを購入した時に受け取った手紙だそうです。

話の内容は、このホームレスの方の日常を綴っている。「次回へ続く」と書かれている事から、続きがあるのでしょう。

■ホームレスの自律支援
 正直な所、私はBig issueという雑誌を買った事がありませんでした。ホームレスを支援するという目的で、一冊300円で販売され、そのうち160円がホームレスの方の収入となる、このビジネスモデルに、どうも共感出来なかったからです。

 「どうせ、内容薄いんでしょ」という偏見もありました。特に販売する工夫もせず、同情心で買って貰う。そういうもんだと思っていました。同情心で勝手もどうせ数ページ眺めただけで捨ててしまうだろう。それなら寄付しているのと同じと思っていました。単なる寄付ならば決して助けにはならないのではないかと思っていたからです。

 しかし、この「目覚め」と題した手紙を購入者に手渡している人はどうでしょう? 単なる自分の日常を読んで貰いたかっただけなのか、「オリジナルコンテンツ」として付加価値を創造しているのか?

 ホームレスの日常なんて、そうそう知れる事じゃないですし、実際この手紙を見て「続きが読んでみたい」と思いました。こういう買って貰うための工夫をしている人からなら、買ってみたいと思いました。

 同情心では無く「応援したいな」という気持ちで買わせて貰えるなら300円なんて安いものです。こんな工夫が出来る人なら、きっと立ち直れると信じることが出来ますし、立ち直ろうっていう意志を感じます、だから素直に頑張って欲しいって思います。

■寄付と支援
 ボランティアには詳しくはないので、間違っているかもしれませんが、私はこう考えています。

 あなたは、食料に飢えている人が居た場合どちらの施しを行いますか?
  A.自分の食べている物をわけてあげる
  B.食料の作り方を教えてあげる

 Aは寄付であり、Bは支援だと思います。私は、AとBなら私はBを選びます。

 Aは一時的に空腹を免れる事が出来ると思いますが、施しを受けた人は「依存」するでしょう。
 Bは空腹を満たすために、時間がかかりますが、「自律」する事が出来るようになるでしょう。

 大切な事は、働く喜びと、自分の力で生きているという誇りを感じて貰えるようにする事が「支援」だと思います。同情から生まれた「寄付」では「誇り」は生まれません。

 大変偉そうな物言いで申し訳ありませんが、上記のように日々考えています。

■自分が世の中に貢献出来る事
 時折、「自分って世の中に対してどんな役に立つ事が出来るんだろう?」と考える時があります。別段お金持ちなわけでも、実業家でも無いし、権力者でも無い。あー、自分は駄目な人間で、情けないなぁと思います。

 しかし、最近こうやってブログを書く事で、就職活動中の学生の方、社会人になったばかりの方、女性でITに興味の無かった方など、普段ITというものに興味の無かった方から、「分り易い、理解出来ました」という励ましの言葉を頂く度に、「分り易く伝えようとする努力」は、案外世の中の人の役にたっているのかも?と思うようになってきました。

 私が一冊目の本を書いた時に考えていた目標は、「頭の良い人達には、情報量や理解の深さでは到底かなわない。読んで貰った人が読みやすいように、理解して貰えるように工夫しよう」という事でした。きっとこのスタイルはこれからも変わりません。このブログを書くときも常に意識している事です。

 今、世の中で起きている事を、興味深く、分り易く読んで貰う。そして、一人一人が自分の力で情報を整理し、賢くなって貰えたら。
 僕はそんな風に思います。

 これが囁かな今出来る自分の世の中に対する貢献です。

■関連記事
 ウッフィの力で結ばれる。Opinion Leader Social Gathering設立
 ウッフィーのマネタイズ化は可能なのか?
 ガジェット通信 Big Issue(ビッグイシュー)に入っていた一通の手紙

■四万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 奇妙な国日本で、これから社会人になる人達へ
 【ネットの匿名性】 勝間 vs ひろゆき、について思うこと。

■一万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 事業仕分け騒動。「光より速い通信技術」について思うこと
 電子書籍リーダが変える産業構造。消える産業、産まれる産業
 日本経済の不都合な真実
 SIMロック解除とSIMロック解除後の未来を考察する
 Twitterを初めたばかりの人が読むとちょっと良いこと

■著書及び自己紹介
大元隆志
IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入




Comment(6)

コメント

juna

宜しければ前の記事のコメント欄を早々に閉じられてしまった理由を教えて下さい。
折角良い議論の場になりそうだったのに。

私が見かけたホームレス風の方はすごいスピードで網棚の雑誌を回収していました。ダイヤ、混雑度、雑誌の発売日から、あまり大量に集めるとフットワークが重くなって効率が悪くなってしまうので途中途中こ出荷したり、また「売れ時」は発売日の夕方くらいまででしょうか、それまでにほとんど裁いてしまい不良在庫を抱えないようにしたり、実はすごく大変なのではないかと思います。何かもっと大きな価値を生み出せる能力をお持ちの方がたくさんいるかもしれません。

wildjive

この間読んだ本なのですが。大元さんと同じような考えでマリーとキャロルという2人の女の子がチベットの貧困問題に立ち向かい、ニューズウィークの世界を変える起業家の中に選ばれました。 http://amzn.to/aeKvXn
フェアトレードを成功させるためには、寄付を頼りにするのではなく、ビジネスとして成功させる必要があります。彼らの独自のコンテンツを生かすために、マーケティングやブランディングなどの支援を行い、通常のビジネスとして成立させる必要がありますね。
ちょうどこの間読んだ本と大元さんの考え方が同じだったので感動してついついコメントしてしまいました。

Big issueには、面白いコンテンツがいろいろありますよ。
わたしは中でも、「ホームレス人生相談 」が好き(読者からの悩みに、販売員が答えるもの)。
機会があったら、本誌も読んでみてくださいね。

関係者

この手紙って社内ブログで別の人が紹介した内容の転載だろ。
クローズドな空間で紹介するならいざ知らず、パブリックスペースで、
しかも販売している場所まで特定可能な内容まで転載して・・・。
本人に迷惑がかかる可能性とか考えられるけどさ。本人の許可とってんの?
もし許可も取らずにやってんならホームレスのこと完全に見下しているよね。

みみ

> あなたは、食料に飢えている人が居た場合どちらの施しを行いますか?
> A.自分の食べている物をわけてあげる
> B.食料の作り方を教えてあげる

私はどっちも必要だと思います。
A→Bの過程に移していくことが真の自立支援ではないでしょうか。
いきなりBだという考え方は、土台を持っていない弱者の切り捨てのようにも思います。
あなたは、ご自身の偏見に気付きながらも
いろんな正論を出して言い訳をしているように感じました。

ビッグイシューは、労働をもって収入を得るというシステムで、
「寄付」ではなく「支援」だと思います。

対価を払うお客さんが寄付のつもりで買うかどうかはあまり関係がなく、
販売者が労働して対価を得るという過程に意味があると思います。

さらにこの雑誌は、販売者が買い取って売っているのです。
売れ残っても返品はできず、販売者が自腹を切らないといけないので、
甘い気持ちで販売できません。

まず偏見を抑えて、もっと知ろうとする行動力をあなたや他の方にも持って欲しいと思います。

コメントを投稿する