オルタナティブ・ブログ > ASSIOMA >

ICT業界動向やICT関連政策を基に「未来はこんな感じ?」を自分なりの目線で「主張(Assioma)」します。

遂に60%のシェアを切ったIE、急速にシェアを拡大するChrome

»

インターネット専門調査会社である米国Net Applicationsの最新の統計によると、遂にIEの市場シェアが60%を切り、Chromeがシェアを急拡大させている。

Topbrowsersharetrend

上記の内容によると、確かにIEのシェアは59.95%となり僅かに60%を割り込んでいます。Chromeは急拡大と言っても「なんだ、まだ6.73%か」と思うかもしれませんが、こちらの2009年4月時と2010年4月時の差異を見て頂ければ、IEが7.82%のシェアを失いながら、Chromeが4.94%シェアを拡大させ、成長率という点では、独り勝ち状態でシェアを拡大している事が見て取れる。

Gain

今後予定されているChrome OS等のリリースを契機に更にChromeがシェアを拡大させるのか、IE9のリリースでIE陣営が盛り返すのか?はたまた、iPadのヒットでSafariが台東してくるのか?

ウェブ開発者にとっては頭の痛い問題かもしれませんが、激しさを増すブラウザ争い。今後も目が離せませんね。

■四万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 奇妙な国日本で、これから社会人になる人達へ

■一万人以上が閲覧した、当ブログの人気エントリー
 【ネットの匿名性】 勝間 vs ひろゆき、について思うこと。
 日本経済の不都合な真実
 SIMロック解除とSIMロック解除後の未来を考察する
 Twitterを初めたばかりの人が読むとちょっと良いこと

■著書及び自己紹介
大元隆志
IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入




Comment(0)

コメント

コメントを投稿する