オルタナティブ・ブログ > ASSIOMA >

ICT業界動向やICT関連政策を基に「未来はこんな感じ?」を自分なりの目線で「主張(Assioma)」します。

CiscoさんのTwitterを利用した新しいサポートツール

»

Ciscoさんが面白いTwitterの利用方法を発表しました。Twitterでサポートアカウントに呟くと、回答が返ってくる。まだベータ版ですが、他のメーカの方も応用が効くかもしれません。

利用方法は簡単です。

1) @cisco_supportをフォローする
2) @cisco_support宛に呟く
  例 (詳細はHelpページをご覧下さい)
   @cisco_support !help
   @cisco_support !btk CSCdi65432
   @cisco_support !clt show config
   @cisco_support !emd %SYS-2-MALLOCFAIL
   @cisco_support !rma 81339009
   @cisco_support !tsrt 600232861
   @cisco_support !search bgp routing
   @cisco_support !search 4byte ASN
3) 暫くすると、TwitterのDMで該当するURL等が届きます。

   cisco_support
   dm takashi_ohmoto !search output > Cisco: http://tinyurl.com/ylpw8fv - NetPro: http://tinyurl.com/yla2yld - Google:http://tinyurl.com/ygcc8pr

正直な所、まだまだBeta版ですし、「で、これは便利か?」と言われると自分で検索した方が速かったりするのですが、例えばSearchコマンド等による検索では、複数の検索サイトからの結果をDMで連絡してきてくれたりと、応用が聞きそうです。

個人的にCiscoさんに、こんな感じの機械らしさを消したUIをTwitterで実現出来ないものか?とエンジニア同士で雑談する時にリクエストしています。実現すると可愛いと思いませんか?

1) Ciscoルータのホスト名でTwitterアカウント作成
   例 RT1
2) 作成したアカウントに向かって日常言語で呟く
   例 @rt1 体調大丈夫?
3) 日常言語で返事してくれる
   例 うん!大丈夫!

最近のCiscoさんのルータは既にTCL等のScript言語が扱えるため、実はこういう処理はScript次第で実現可能なんですよね。
対話型UI。結構良いと思うんだけどな。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する