やめたてホヤホヤ。2014年11月1日からスタートアップへにjoinする筆者が、第一線の声をお届けします!

やっぱ便利!Skypeをビジネスで活用する4つの秘訣

»

今年も残すところあとわずか。

取引先の鉄鋼メーカーと毎晩忘年会だった
1年前の商社マンライフが遠い昔のようです。
お酒大好きなので、アレはアレで幸せでしたが。

今回のエントリではそんな商社マン時代に全く
使わなかった、でも今めっちゃ使ってるSkype
活用術を紹介します!

「Skypeって、要はテレビ電話でしょ?」と
思われていたあなた。それだけじゃないんです!
 
 

活用術① 複数名で通話しながらのチャット機能

遠隔地とのテレビ会議で大活躍するのが、
通話しながらのチャット機能。
「ちょっとこのウェブサイトの記事見て!」というとき
その場でURLを送れます。

もちろん、チャット機能は通話中でなくとも利用可能。
ちょっとしたメモや、今日のランチのお店を
送るのにも使えますね。
(普段のチャットはLINEで十分、という方も多いかも
 しれませんが、ビジネスとプライベートでツールを
 分けることって意外と大事かと。)


活用術② データファイルの送信機能

これも通話/チャットしながら使える便利機能。
Skype上の「+」ボタンを押すと、ワードやエクセルの
受け渡しができます。
(あまりに重いファイルだと時間かかりますが)

「メールでわざわざ送るほどの資料ではないけど、
 すぐに見てほしい」そんな時に使える機能です。
skype2.jpg



活用術③ 見落とし防止のための通知設定

LINEでもそうなんですが、グループでチャットを
していると自分が離席している間に会話が
進んでいることもしばしば。

「未読:100件」にもなると、自分宛ての大事な
メッセージを見落とすリスクもありますよね。

Skypeではそんなトラブルを回避するために、
特定のキーワードを
含んだメッセージだけを
通知してくれる機能があります。
 

skype.jpg


自分の名前や「日程」などのキーワードを
予め設定することで「気づいたら忘年会の
日程が決まってた・・・」などのトラブル
回避することができます。


活用術④ PC画面の共有機能(有料)

1対1のチャット中に、自分のデスクトップ画面を
共有することができます。
「ちょっとココのデザインについて相談なんだけど」
といったシチュエーション、自分の画面を見せながら
会話できれば一気に作業効率がアップしそうです。
 

残念ながら有料会員にのみ公開されている
機能なので気になる方は無料トライアルに
申し込まれるのが良いかもしれません。




 
いかがでしたか?
うちの会社は在宅のエンジニアさんやライターさんが
いらっしゃるので本当に重宝しているSkype。

みなさんの会社でも
メッセンジャーアプリの
リプレイスをご検討してはいかがでしょうか。
(セキュリティポリシーとかよくわかりませんが)

Comment(0)