IT×教育のイノベーションをメインテーマに情報をお送りします!時おりWebマーケティングネタもUP!

日本人は世界一、自分の会社を嫌っているを読んで

»

日本人の約30%が「日本人は世界一、自分の会社を嫌っている」という記事を読みました。

http://toyokeizai.net/articles/-/103608?page=2

東洋経済オンラインより引用

3人に1人が会社を愛していないということです。私は、会社=仕事ではなく、仕事の中での一つなのであまり思う所はないですが、会社に対して何かしらの不満というのは、勤めている以上はあるかもしれません。不満というのは、「人との関係がうまくいかない」か「自分の思う通りにいかない」というエゴ心から発生するものです。

そのため、昔から終業後は居酒屋で愚痴を言い合うということがありました。ただ、そんな時代はもう古いのです。

文句があるなら、「自分でやってみろ」という時代です。

自分で仕事をするために必要なリソースを整理してみましょう。人・モノ・金・情報が必要になります。今は、人であればネットを活用すれば委託先を見つけることも、場合によっては自分でオンライン学習などでスキルアップをして足りない分野を身に着けることもできます。お金であれば、現在であればクラウドファウンディングやVCもありますし、必ずしも最初から資金が豊富にないとできないことであればいけないわけでもありません。情報はSNS等でも取得できますし、コミュニケーションもチャットツールなど使えば叶います。今の時代に、会社に不満を持って愚痴だけ言う人は時代遅れです。

一番たちが悪いのが、入社して間もない人やまだ何も知らない若手に不満をぶち込むことです。大抵言われた側が不安を辞めてしまい、経験値が少ない状況でも採用される会社に入らざるをえない、そこでも不満を持ってまた辞めてしまうを繰り返してしまうことになりかねません。

日本は人手不足で売り手市場と言われる一方で、人工知能が取って変わる仕事は増えてきています。結果的に、人手不足=ロボットで補うという未来図があるため、そんなにのんびりはしていられないです。

会社が嫌なら辞めてしまえ!不満があるなら、自分でやってみる!そんな時代になってきています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する