IT×教育のイノベーションをメインテーマに情報をお送りします!時おりWebマーケティングネタもUP!

資格を取得する前に、営業経験と英語の勉強をしてみては?

»

IT業界の方のブログを読んでいると、今年の目標として「TOEIC900点超え」「ビジネス英会話」と挙げられている方が多いようです。

これを見ると、毎年私も目標のひとつに入れてしまいたくなります。ご存知の所で、最新のIT情報を得るためには英語力が欠かせないですし、ビジネスでも英語話せれば、直接の交渉がスムーズですね。

英語力は鍛えるべき!という信念を持っていて、継続的に英語の勉強をしています。(今は本当にリスティング・会話がメインですが。)
かつて、

・オンライン英会話週2回以上
・アメリカ人講師によるビジネス英会話
・TOEICのカリスマ講師中村澄子先生に師事

これで、200点ほど半年でTOEIC点数が上がり、英会話もある程度は話せるようになりました。20代の内に時間や金銭的に多少無理してでも、英語はブラッシュアップ(または、TOEICの目標点を決めて達成する)おくべきですね。

また、将来的な希望がある中でも営業は経験しておくべきだと思います。営業と言っても幅は広いのですが、何かしら経験があることで、もし10年後に就いている仕事がなくなったとしても、営業経験により自ら仕事を取ってくるプレゼンスキルや数値スキルが身に付きます。また、成果がよければ会社にも重宝されます。

先日ある記事で、「不安な女性を狙った資格ビジネス」というものがありました。事務やアシスタント職についている女性に、金銭面や将来が不安なところに付け込んで、高額な民間資格の講座を受講させることです。

最終的には資格を取得するかなどご自身の判断になると思いますが、よっぽど将来設計をしていないと、金銭・時間ともに無駄になるケースも多くあります。

将来が不安であれば、英語と営業経験は必ず武器になります。ただし、英語はまだしも営業経験を積みたい女性はまだまだ少ないですし、このような話をしても「自信がない」「コミュニケーション力がない」なんて返答になりがちです。私自身は、単独行動するタイプですし、学生時代から人と行動を常にする方でもないので、特にコミュニケーション力が元々高い訳では全くありません。

年齢で括るのはあまり好きではないですが、30代になってから未経験で営業を一から教えてもらえることはほぼないですし、
英語については、それ以外で勉強しなければならない自分独自のコアスキル(財務やITスキルなど)、また人脈形成、そしてプライベートの充実などがあります。

もし将来が不安だったり、金銭面でもっと稼ぎたいという場合は、安易に資格を取ればよいのではと考えず、英語と営業経験を積んでみてはいかがでしょうか?

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する