オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

迷路には必勝法があります『ふつうの迷路』

»

私が編集支援している吉田幸助氏の最新のコラムが鈴与シンワートで公開されました。

今回もクラウド上で運営されているスマホアプリのご紹介です。

興味がある方はご覧ください。

###
昔、船橋のレジャー施設に巨大なスキー場がありました。高さ100m、長さは500m。1993年。バブルが崩壊したとはいえども、まだまだ日本にお金もエネルギーも有り余っていた時代。バブルのふわふわが、まだ少し残っていたような時代。筆者はまだ学生でした。

あの頃はちょうど、信じられないようなスキーブームのど真ん中でしたね。深夜の渋谷や新宿、池袋は、スキー場へ向かう『深夜バス』に乗り込もうとする若者達で埋め尽くされ(混雑ぶりなら渋谷ハロウィンに近い)、浮かれた連中を連日連夜、雪山へと送り込んでいたように思います。

ただ『深夜バス』って、乗車時間も長い上に、深く眠れないのですよね。ほぼ貫徹に近い状態で、ゲレンデに立つのですが、そこから更にリフトで並びます。並んで並んで、ようやく滑れます。スキーウェアの防寒性も今ほど高くないため、吹雪の中で長時間リフト待ちすると、軽く死にそうになります。更に食事も列!列!列!味は学食レベルで、メニューはカレーとラーメンぐらいしかなかったような...。

そんな、人!人!人!で、何をするにも並びまくりだった『平成初期のスキー事情』と比べ、交通インフラも整い、ブームもひと段落した今は、随分手軽&気楽になったように思います。駅直結のスキー場などもできましたし。リフトも昔程並びません。食事も随分美味しくなった上、メニューの幅も増えたように思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/app27/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する