オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

ビジネスコミュニケーションの中心がチャットになってきたので、業務運営もアジャイルに変えないと!

»

私が編集支援している佐々木晶子氏のコラム最新号が鈴与シンワートで公開されました。

最近、メーラーを開く頻度がずいぶん減りました。

ビジネスチャットが代替手段として普及しているからです。

興味がある方はご覧ください。

###
こんにちは。佐々木晶子です。最近ビジネスチャットのことばかり書いています。
それは今が旬だからですね。ビジネスチャットはビジネスコミュニケーションの変革の中心的な存在になっています。電話、FAX、電子メール、グループウェアと変遷し、今はビジネスチャットです。流行る理由は、コミュニケーション効率の高さと手軽さにあります。
最近では、鈴与シンワートの「TAGS」のようにAPI連携が強いビジネスチャットも現れてきたので、ますます、業務コミュニケーションの中心的な存在になりそうです。10年もすれば、一日メールボックスを開かない社員も出てくるかもしれませんね。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/sasaki18/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する