オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

高齢者雇用「期限付き契約社員という考え方」

»

労働者が足りない。

最近では実力も能力もないけど、若いということで採用されているようなケースもある。

お互いがそれでよければ、全く問題はないです。

世の中、お互いが良ければすべてよしです。第三者がとやかく言うものでもないですよね。

でも、ふと思ったのは、私が社長だったら、育ててもすぐにやめてしまうような若者よりも、仕事ができる高齢者を雇用したほうがいいのでは?なんて思ったりします。

高齢者でも頭と体がしっかりしている人は、ものすごく優秀です。しかも、後がないので崖っぷちなので真剣さが違います。

でもまぁ、職にもよりますよね。

で、思ったのは高齢者の方は、例えば雇用から5年間でのゴールを決めて、そこを最長として契約し、継続は白紙からの条件設定というのがよいと思ったのです。最後は首や早期退職ではなく、契約終了!という感じです。そのほうがあとくされないです。で、5年でも活躍できればありがたい人も多いはずです。

その時に、体力測定と頭脳測定をしっかりやったほうがよいと思うのです。

この2点で問題がなければ経験もあるので、すごい戦力になるように思えます。

いかがでしょうか?

どこかの誰かのいいヒントになれば幸いです。

追伸:こんな文章を書く、私はどんな生活をしているかと言うと、、、以下のFacebookアカウントやインスタを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

https://www.instagram.com/tokyofly04/
※Facebookのほうはキャリアネタのコラムをフォロワーに公開しています。
※プライベートはインスタを見るとわかります。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

また私の近況は「吉政忠志」で検索されると大よそみえてきます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する