オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

国立天文台に5PBのHPCストレージ導入。導入したのは国産ストレージワークスカンパニー「コアマイクロシステムズ」

»

私がマーケティング支援しているコアマイクロシステムズが、大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台の大規模観測データ解析用高速ファイルシステムに実効容量5PB(ペタバイト)の次世代超大容量HPCストレージ「HyperSTOR Flex導入しました。

さすがの大規模導入です!ストレージワークスカンパニーであるコアマイクロシステムズさんです。いろいろカスタマイズもできるみたいですので、興味がある方はご覧ください。

■ 背景
近年、科学技術研究分野では観測データの解析処理が進み、その結果データサイズは膨大な量に膨れ上がっています。そのため国内研究機関/大学におけるHPC導入においては、共同利用ユーザーの利便性も考慮したHPC高速化と効率化のために大規模データ解析に最適化された計算機システムの導入とデータ保全を考慮した大容量高速ストレージの導入が急速に進んでいます。

■ 導入システム概要
パラレルファイルシステムIBM Spectrum Scale(GPFS)と高信頼性のヘリウム充填型NL_SAS12TB HDDによるERASURE CODE型RAID N+Mアーキテクチャを採用した磁気ディスク装置HyperSTOR Flexにより高信頼性ストレージシステムを構築します。

(構成図など詳細は以下をご覧ください)
https://www.cmsinc.co.jp/news/2019/news2019012802.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する