IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

隠され続けてきた自社サイトへの検索キーワードが見えるようになりました。~Google Search Consoleの話~

»

私のコラム最新号が鈴与シンワートで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###

Google Analyrticsで自社サイトに何の検索キーワードで流入してきたかが長い間隠され続けてきました。

「NotProvided」というやつですね。

例えば、私の会社である吉政創成株式会社ですと、Google Analyrticsでは以下のように見えます。
yoshimasa47-1-768x311.jpg

「吉政創成」で検索した人が2件で「吉政創成株式会社」検索した人が2件です。
しかし、「(not provided)」と表記された122人の検索者については「(情報が)共有されていない(not provided)」となっています。これは、だれがどのような検索をしたかという個人情報がGoogle Analyrtics経由でGoogle Analyrticsの管理者に情報漏洩されてしまうという観点で、Googleが情報を共有していないために起こってしまう事象です。

この事象は数年前から起こっており、年々「(not provided)」の比率が上がってしまい、今では95%前後が隠されてしまっている状態になっています。

しかしながら、自分のサイトに何の検索キーワードで流入してきたかはとても興味があり、多くの人が知りたい情報ですよね。噂では、この情報開示をGoogleは有料化するのではないかという話も出ていました。しかしこの度、Google Search Consoleの新版の画面で確認できるようになりましたので、ご紹介いたします。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/yo_column47/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する