IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

WebやFacebookの企業ご挨拶で「明けましておめでとうございます」を使わない理由

»

さて、今日から仕事始めの会社も多いと思います。

コーポレートサイトやFacebookページなどで新年の」ご挨拶を表示するケースも多いと思います。

法律で決まっているわけではないので、基本的にどう書いても企業の自由ではありますが、一般論として「明けましておめでとうございます。」をWebに掲載しない理由がありますので、ご紹介します。

(個人のご挨拶の場合は特によいかと思います)

コーポレートサイトなどで「明けましておめでとうございます」を使わない理由は以下の通りです。

・社員の中や社外の方にも喪中の方がいるため、直接的な「おめでとうございます」的な表現を避けたほうが無難であるため

別の意味で避けたほうが無難な言葉には以下があります。

・賀正 :正月を祝うこと。
・賀春 :新春(新年)を祝うこと。
・頌春(しょうしゅん):新年を讃えること。
・迎春 :新年を迎えること。
・慶春 :新年を喜んで祝うこと。
・寿春 :新春を祝うこと。
・初春 :新年のこと。
・新春 :新年のこと。

二文字は同列以下への言葉と考える人もいるため、使わないほうが無難ではあります。

では使っても大丈夫そうなのは何かというと、以下になります。

・謹賀新年:謹んで新年をお祝いいたします。
・謹賀新春:謹んで新春をお祝いいたします。
・恭賀新年:恭しく(丁重に)新年をお祝いいたします。
・恭賀新春:恭しく新春をお祝いいたします。

一歩下がって新しい年をお祝いするという意味ですね。

4文字だと丁寧な言い方という意味もあり、同列以上目上の方にも使ってよいとされているようです。

ちなみに、よくあるNGは、「謹賀新年。明けましておめでとうございます。」は二重賀詞になるのでNGだそうです。

なお、新年のご挨拶には様々な考え方があります。

ご意見がある方はご自身のSNSなどで宜しくお願いいたします。

少しでもご参考になれば幸いです。

追伸:こんな文章を書く、私はどんな生活をしているかと言うと、、、以下のFacebookアカウントやインスタを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

https://www.instagram.com/tokyofly04/
※Facebookのほうはキャリアネタのコラムをフォロワーに公開しています。
※プライベートはインスタを見るとわかります。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

また私の近況は「吉政忠志」で検索されると大よそみえてきます。

Comment(0)