IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「学校を卒業して、いろいろな事実を知り、プログラマーになりたい!と思った人が最初に学ぶべき言語について」

»

「学校を卒業して、いろいろな事実を知り、プログラマーになりたい!と思った人が最初に学ぶべき言語について」というコラムを公開いただきました。

皆さんは、どんな言語から始めたほうがいいと思いますか?

興味がある方はご覧ください。

###
こんにちは。デジタル・ヒュージ・テクノロジー顧問の吉政でございます。

学校を卒業して社会人になり、少し落ち着いてくるといろいろなことが見えてきます。その見えてきたことは学生時代に知らなかったことが多かったのではないでしょうか?

自分がやりたい道に進み、その方向であっていることを入社後に感じた方は幸せです。でも「しまった!間違えた!」と思った人はいろいろ考えてみるべきかもしれません。

ちなみに業種替えの転職は二度までとよく言われる通り、飲食店で働いて、その次にタクシーの運転手になり、次にITだ!という人は業種替え2回することになるので、いきなり背水の陣になりますので、お勧めしません。業種替え2回は若い時はいいのですが、40歳、50歳でいい仕事が狭き門になったときや、いい仕事の数が減ったときに、本気で行き詰りますので、業種替えは1回でやめたほうがいいです。経験上、業種替え2回やった人で、中年まで生き残って、成功した人って私は知りません。多くはIT業界から消えていきます。

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2018/11/c/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する