IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

精力的に働ける老人の理想的な体型を考えてみる

»

いろいろな先生や専門家がいろいろ書いていますが、私が考える精力的に働ける老人の理想的な体型を書いてみます。

1.筋肉量が多いこと

2.骨が丈夫なこと

3.体脂肪が少なすぎないこと

血圧や血糖値、体脂肪など適正であることが大前提なのですが、その上で、この3つを新たに加えようと思っています。

3の体脂肪が少ない人なのですが、先輩方を見ていると体脂肪が少ない人は一見健康そうに見えますが、顔がしわしわになりやすく、長生きしている人も少ないように感じます。脂肪は適量あったほうがいいのではないかと感じています。

2は切実な話で、老人になると転んで骨折することで、歩けなくなり、衰弱して無くなってしまうことが多いです。一方で骨はかなり長く時間をかけて丈夫にしないといけないため、若い時からやっておきたいです。骨を丈夫にするにはカルシウムを取ることが重要ではありますが、トレーニングやジョギングなどで、骨に衝撃を与えることがとても大事です。つまり若い時から継続的に運動をすることしか解決できないのです。

1は年を取ると筋肉がつきにくくなり、筋肉が落ちていくので、早めに筋肉量を増やしておく必要があるという考え方です。筋肉が落ちると、精力的でなくなり、いろいろなことが億劫になるため、仕事に影響が出ます。それ故に、若い時から筋肉量を増やし維持していくことが重要なのではないかと考えます。

今、私は49歳。今やらないと改善できないはずなので、今時間をかけてやっています。

筋肉量は増えているので、最後に残った内臓脂肪ですね。そこだけクリア出来たら、かなり安泰だと思っています。

今日も頑張ろう!

追伸:こんな文章を書く、私はどんな生活をしているかと言うと、、、以下のFacebookアカウントやインスタを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

https://www.instagram.com/tokyofly04/
※Facebookのほうはキャリアネタのコラムをフォロワーに公開しています。
※プライベートはインスタを見るとわかります。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

また私の近況は「吉政忠志」で検索されると大よそみえてきます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する