IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

ついに来た!ゴールドマンサックスが約600人のトレーダーを解雇しロボットを雇用 ~これからエンジニアを目指す人へAIエンジニアがいいかも~

»

ついに来た!ゴールドマンサックスが約600人のトレーダーを解雇しロボットを雇用しました。

真面目にこれからエンジニアを目指す人へAIエンジニアがいいかもって思います。

「AIエンジニアが労働力を開発する時代へ。超長期にわたって得られる仕事とは」

表記のコラムをKCCSキャリアテックに掲載いただきました。興味がある方は以下のページをご覧ください。

###
皆さんは「AI(人工知能)」の市場普及の勢いをどの程度感じているでしょうか?
大半の人はAIは今後も普及していくと思っていると思います。もちろん私もそうです。
昨年、こんなニュースが飛び込んできました。

As Goldman Embraces Automation, Even the Masters of the Universe Are Threatened
※日本語訳:ゴールドマンがオートメーションを抱擁すると、マスターズ・オブ・ザ・ユニバースでさえ強迫される

ニュースソースはMIT Technology Reviewです。
ここで書かれているのは世界的な金融機関であるゴールドマンサックス証券のトレーダーが600名から2名に削減され、代わりにソフトウェアでできたトレーディングロボットを大量に構築したということが書かれています。解雇されたトレーダーの席にはAIを搭載したロボットを開発するAIエンジニアが座っているそうです。

冒頭からずいぶん難しいことを書いてしまいましたが、ゴールドマンサックスという名前を聞いたことはあると思います。AIの波は金融機関が最初に影響を受けるだろうと言われていたのですが、ニュースで見るといよいよ現実的に波が来るという実感があります。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.kcct.co.jp/careetec/column/2018/column01.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する