IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

勘違いしてはいけない、2018年8月IDC発表のサーバOS市場予測(有料ライセンスだけで市場予測しても誤解を生むだけです)

»

私の表記コラムがデジタル・ヒュージ・テクノロジーで公開されました。

興味がある方はどうぞ。

###

2018年8月21日にIDC Japanが「国内サーバーオペレーティングシステム市場予測を発表」を発表しました。

※有料ライセンスだけで集計した市場予測は実際の普及を表した予測ではありません。無料使用のOSSでの利用もカウントしないと滑稽な感じに見えてしまいます。

最初に宣言しておきますが、この調査結果が間違っているとは言いません。しかし、とても勘違いしやすい調査データあることは間違いないと確信しています。

何故勘違いしやすいかと言えば、OSSが市場で大きな導入数を占める調査範囲において売り上げ金額だけでシェアを集計すると実際の導入数と売り上げシェアに大きな乖離が生まれてしまう可能性があるためです。(でもIDCの調査データは売上金額を集計したので、データは間違っていません)

今回の調査結果を読まれた方の正しい感想と間違っている可能性が高い感想をわかりやすく書いてみます。

正しい⇒「Windows Serverが一番高い売上金額のシェアで52%なんですね。」

勘違いかも⇒「Windows Serverが一番利用されているサーバOSで導入シェア52%なんですね」

大半のLinuxの導入シェアは商用ディストリビューションではないので、売上シェア=利用シェアではなくなっているのです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2018/09/os_market/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する