IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

kubernetesで効果的な開発者エクスペリエンスを創造する方法~インフラストラクチャ、ワークフロー、プラットフォームに関するヒント

»

私が編集支援している野田貴子のコラム「kubernetesで効果的な開発者エクスペリエンスを創造する方法~インフラストラクチャ、ワークフロー、プラットフォームに関するヒント~」が鈴与シンワートで公開されました。

興味がある方はご覧ください。
###
こんにちはー。野田貴子です。今回はOpenStack関連のコラムで面白いものがあったので意訳版をお届けします。昨今、OpenStackの注目度が高まっており、OpenStack開発者メーリングリストやコラムをチェックしている人も多いと思います。英語が苦手な方にとっては、日本語で要約版があると助かるのではないかと考え、日本語意訳したものをお伝えすることにしました。
興味がある方はご覧ください。海外動向を理解する上での参考になれば幸いです

###

需要のあるコンテナ技術を持ったスタッフを採用し働き続けてもらうことは、多くの企業にとって課題となっています。

フリーランスの技術コンサルタントであるDaniel Bryant氏は、DevOps、クラウドコンテナプラットフォーム、マイクロサービスの実装を中心とした15年間の実務経験を持ち、企業と開発者の双方が満足する開発者エクスペリエンスの構築方法についての知識があります。クラウド・ネイティブ・コンピューティング・ファンデーション(CCNF)が最近主催した1時間のウェブ会議にはこれらのヒントが満載です。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/openstack21/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する