IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

スーパーエンジニアの独り言 > 第80回 ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー

»

私が編集支援している「スーパーエンジニアの独り言」の第80回「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」がCTC教育サービスで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###

『ライディーン』:

二〇十八年、晩夏。
気候変動により亜熱帯と化した日本。

連日、昇る灼熱の赤い太陽が日本列島を焦がし続けてアスファルトからの輻射熱により陽炎が現れる茹だる熱気が立ち上る日々が続く摩天楼の街、東京。

超高層ビルが聳え立つこの摩天楼の風景ですら数知れない陽炎が寄り添って創り出した蜃気楼の様に思えてきます。
すべては赤道小町の仕業なのでしょう。

心踊るサイエンスフィクションの設定とも思える異常気象が起こす非常識な熱気すらも、筆者にとっては、通勤の際に滴り落ちる汗と電車で不快指数が最高に達する日常の域にまで成り下がります。
年中、四季を感じることが出来ない狭い部屋に軟禁された日々が続く仕事柄です。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/super/super80.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する