IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

大人気シオラボ氏のコラム第7回"L3スイッチと何が違う? L2スイッチ「SWX2100」の特徴とは?"

»

私が編集支援している大人気シオラボ氏のコラム「ヤマハルータで作るVPN - 構築からトラブル解決まで」の最新号がSCSKで公開されました。

第7回"L3スイッチと何が違う? L2スイッチ「SWX2100」の特徴とは?"

興味がある方は以下をご覧ください。

###
前回は、ヤマハルータに搭載されている「LANマップ」機能を紹介しました。ネットワーク構築後の保守フェーズでは、トラブルによるネットワーク停止は、たとえ一瞬でも避けなければなりません。そのためには、トラブルの発生を予見するとともに、万が一トラブルが発生したとしても、早期に検知し対処することが重要です。日々のネットワーク状態の把握や、トラブルの早期発見には、LANマップをはじめとした「ネットワークを見える化」することは、強力な武器となることでしょう。

今回からは、これまで取り上げてきたヤマハルータ「RTX830」に、ヤマハのシンプルL2スイッチ「SWX2100」を接続して、どのようなことができるかを見ていきましょう。まずは、「SWX2100-5PoE」の特徴を紹介します。

(この続きは以下をご覧ください)
https://goo.gl/xAeUm2

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する