IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「働き方改革とRPA事例。なぜRPAはいきなり成功しやすいのか」

»

私のコラム「働き方改革とRPA事例。なぜRPAはいきなり成功しやすいのか」がディーアイエスソリューションで公開されました。

興味がある方はご覧ください。
###
政府主導の働き方改革として企業がなすべきことは、一言でいうと「労働時間の短縮とそれ以上の効率化によって生産力(ビジネス力)を向上させるです。

多くの企業は政府主導の働き方改革の話が出る前から、企業努力をしており、業務はかなり効率化されています。一方で様々な企業のビジネスコンサルタントをしている私の経験で話をすれば、完ぺきに効率化されていると思われる業務も実は見方を変えると意外な改善点が見つかったりするものです。ただ、社内の方々はこの新しい見方が、諸事情により実現できないと、企業文化としての常識で思い込んでいるだけだったりします。

このような時にある意味外圧とその達成手段として現れたのが「働き方改革」という外圧と「RPA」という手段です。もちろん、働き方改革実現の手段としてRPA以外にも有効な手段としてはほかにもあります。しかし、業務を自動化するRPAはロボットといわれる業務を自動的に実施するソフトウェアが、人間より正確かつ迅速に業務を実行できるので、社員の労働時間をダイレクトに削減でき、かつ生産性を維持できるので、働き方改革の実現手段としてはかなり有効になります。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2018/07/05/rpa%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する