IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

OpenStack海外動向 > 第17回 Queensリリースのクローズアップ

»

私が編集支援しているCTC教育サービスのコラム「 OpenStack海外動向 > 第17回 Queensリリースのクローズアップ」を公開されました。

今回は海外で公開されているOpenStack関係のコラムを意訳します。英語が苦手な方にとっては、日本語で要約版があると助かるのではないかと考え、日本語訳したものをご紹介いたします。
興味がある方はご参考ください。海外動向を理解する上での参考になれば幸いです。

###

OpenStackの17番目のリリースがみなさんのクラウドで使用可能になるにあたり、我々SuperuserはこのQueensリリースとエコシステムに関するよくある質問に答えておきたいと思います。おまけ情報としてこのリリース名の由来をお伝えしておくと、オーストラリアのシドニー郊外のクイーンズパークから来ています。(こちら にリリースの命名経緯についての詳細があります。)

ユーザーの導入傾向を教えてください
•新しいワークロードで機械学習やエッジなどを使えるように、ユーザーはより多くの機能を備えたクラウドを望んでいます。
•これには統合が重要です。大企業ではクラウド環境でミッションクリティカルなものをバックアップするアプリの需要が高まっているため、Queensリリースでは多数の高可用性機能が用意され、その中にはMasakariやmulti-attach in Cinder block storage

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/noda2/noda217.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する