IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「クラウド市場でMicrosoft AzureがAWSを抜くのは時間の問題である。ではデータを見てみましょう。」

»

コラム「クラウド市場でMicrosoft AzureがAWSを抜くのは時間の問題である。ではデータを見てみましょう。」をデジタル・ヒュージ・テクノロジーさんに公開いただきました。

###
少し前のニュースではAWSがクラウド市場の半分以上を占め、クラウド市場の成長率よりAWSの市場成長率のほうが高いというニュースが出ていました。確かに、AWSはクラウドサービスとして優秀でお客様の評価が高いサービスです。しかしながら、操作感は玄人好みであり、だれもが簡単に使えるわけではありません。

いつの時代もマーケットは高性能・高機能な商材が勝つわけではありません。
便利で投資対効果が高いものがマーケットの勝者になります。

コアなエンジニアが利用するクラウドの時代は終わりをつげ、クラウド利用がいよいよ一般化していく時代が訪れます。コアなクラウドエンジニアよりクラウドを操作する担当者のほうがはるかに人口が多いです。Microsoft Azureのほうがはるかに使いやすい画面です。ユーザは安定・高速なクラウド環境を簡単に使いたいので、今後伸びていくのはMicrosoft Azureに分があります。

さらに、AWSは1強戦略であり、パートナーを絞り込んでいます。マイクロソフトはパートナーシップに重きを置いています。市場では1強のAWS 対 強者のマイクロソフト+パートナー連合軍の戦いになり、多勢に無勢でこちらもMicrosoft Azureに分があります。

そして、マイクロソフトは圧倒的なクラウドソリューションを多く持っています。これはAWSと比較して、戦略的に打てる「駒」が多いのです。

この状況だけ見ても、Microsoft AzureがAWSを抜くのも時間の問題と確信しています。マイクロソフトの十八番は後発追い込み、圧倒的な支配なので、すでにマイクロソフトの特異な状況になっています。こうなるともう、Microsoft AzureがAWSに追いつき、抜くのも時間の問題と思っています。

さて、今の市場データはどうなっていますでしょうか?ちょっと見てみたいと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2018/05/cloudmarket/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する