IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第37回 継続的インテグレーションを支える自動テスト環境(パート1)

»

私が編集支援しているCTC教育サービスのコラム「 グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第37回 継続的インテグレーションを支える自動テスト環境(パート1)」が公開されました。

世界三大クラウドと言われるGoogleクラウドのコラムです。検索円辞任で圧倒的なGoogleですので、今後いろいろな仕掛けもありそうで気になります。興味がある方は是非ご覧ください。

###

2018年4月
はじめに
 今回からは、2017年に公開された論文「Taming Google-Scale Continuous Testing」をもとにして、Google社内の開発チームが活用する継続的インテグレーションの仕組み、その中でも特に、自動テストのインフラ環境を紹介していきます。この論文では特に、繰り返し実行される膨大な数のテストについて、その処理を効率化するための取り組みが解説されています。今回は、Googleの開発環境で用いられる自動テストのシステムについて、まずは、基本的な仕組みを説明します。

Googleにおけるテスト環境
 本連載の中で何度か触れたように、Google社内で開発されるソフトウェアのソースコードは、単一のリポジトリで管理されており、複数のプロジェクトにまたがってライブラリモジュールの共有が行われます。そして、あるモジュールのソースコードが変更されると、それに依存するすべてのソースコードに対するテストが自動的に再実行されます。このような自動テストは、「Test Automation Platform (TAP)」と呼ばれるシステムによって管理されており、冒頭の論文によると、1日あたり、約1万3千個のプロジェクトにおける、約80万回のビルド処理があり、それに伴うおよそ1億5千万個のテストが実行されるそうです。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai237.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する