IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

Rubyの求人数が1万件超え ~Ruby求人増加率が2位に上昇~

»

Ruby開発に強いトランスネットで私のコラムを公開頂きました。

Rubyの求人数が1万件超え ~Ruby求人増加率が2位に上昇~

興味がある方はご覧ください。

###
このタイトルを見て「えっそうなの?」と思う技術の方がいるかもしれません。また、言語を追いかけていないマーケッターの方も同じように思うかもしれません。

実際にRubyに関するニュース件数は、以前より落ち着いているように思えます。
しかしながら、マーケティングの感覚で言えば、普及するのはニュース性がなくなってからなのです。

そもそもニュース性とは以下を指します。

・以前との違いが大きく、その差が広範囲に影響を与えるもの

これをIT系の技術メディアでのニュース性を定義すれば以下になります。

・技術的な違いが依然と比べ大きく、その差が広範囲に影響を与えるもの

例えば、あるメジャーな技術がメジャーバージョンアップした場合はニュース性がありますよね。一方で普及していっても技術的に変化がなければ技術系メディアはニュースに取り上げません。

さらに言えば、バージョンがじゃんじゃんアップしているときはメンテナンスも大変なので、あまり普及しません。普及するのはバージョンアップが落ち着いてからというのが定説になります。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/2018/04/24/ruby_colys/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する