IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

OpenStackコラムコラム「ハイパフォーマンスコンピューティングのトレンド」が公開

»

私が編集支援している野田貴子氏のコラム「ハイパフォーマンスコンピューティングのトレンド」が鈴与シンワートで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###
ハイパフォーマンスコンピューティングは35兆~36兆ドル規模の市場ですが、ほとんどの人はこの市場規模は学界や公共機関によるものだと考えています。

それを否定したのは、HPC諮問委員会のスタンフォードカンファレンスで最近講演した、Intersect 360社の主席研究官であるChristopher Willard氏です。

HPCの現在の成長率(インフレより若干良い3.5%)は商業市場によって引き起こされ、今後5年間はこの傾向が続くと同氏は予測しています。

Willard氏は「商業産業のサイトは勢いを増し、ハイパフォーマンスコンピューティングに益々熱心になり、より多くのお金を費やしています。」と話し、現在のHPCの55.5%が民間で使用され、18%が学問、26%が政府に使用されていると言及しています。

まずはコンピューター、次に洗濯機

商業的な成長に注目すべき分野は化学と金融です。化学の分野の成長は、「洗濯用洗剤のような、消費者向け製品の製造といったものが由来しています」とのことです。彼はそれを「化学の奇跡(ケミカル・ミラクル)」と呼んでいます。金融業界も成長するでしょう。「この区分には、価格設定・リスク分析・取引を担っているウォールストリートだけでなく、保険業界や、主にお金の移動を扱っている一般的な事業も含まれています。」

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/openstack17/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する